Wu-Lu ニューアルバム『Learning To Swim on Empty』の制作を発表 5月17日にWARPからリリース


サウスロンドンのWu-Luは、ソロ名義でありながらコレクティヴの形で活動している。彼らはバンドになったかと思えば、次の瞬間、グループで熾烈なラップバトルをステージで繰り広げる。形やスタイルにとらわれない。その流動性こそがアーティスト、ひいてはロンドンのカルチャーの魅力なのだ。


Wu-Luはラップとグランジを融合させた劇的なシングル「South」で同地のシーンに名乗りを上げ、徐々に知名度を獲得していった。その後、WARPと契約し、新作アルバム「Loggerhead』をリリースした。リリース後にはフランスのメディアにも出演し、BBCでもライブパフォーマンスを披露した。


Wu-Luは新作アルバム『Learning To Swim on Empty』の制作を発表した。このアルバムはWARPから5月17日にリリースされる。おそらく2024年の注目作の一つとなりそうだ。


待望のニューアルバム「Learning To Swim On Empty」は、ウー・ルーのサウンドの深みと幅が増していることを示している。反ジェントリフィケーションのアンセム「South」でブレイクし、アルバム『LOGGERHEAD』は爆発的なエネルギーを持ち、広く賞賛されたが、タイトル曲でWu-Luがよりニュアンスに富んだ個人的なアプローチをとっていることがわかる。


アルバムの最初のシングル「Daylight Song」の試聴は下記より。各種ストリーミングはこちら




Wu-Lu「Learning To Swim On Empty」


Label: WARP

Release: 2024/05/17


Tracklist:


01.Young Swimmer

02.Daylight Song

03.Sinner

04.Mount Ash

05.Blunted Strings

06.Last Night With You

07.Crow's Nest

0 comments:

コメントを投稿