坂本龍一とアルヴァ・ノトの共同制作アルバム「Vrioon」が5月27日にレコード盤としてリイシュー

坂本龍一とアルヴァ・ノトのコラボレーションアルバム「Vrioon」は、5月27日にレコード盤として再編集されリリースされます。


今後、V.I.R.U.S.のリイシュープロジェクトの予定が組まれています。「Vrioon」「Insen」「Revep」「Utp_」「Summvs」の5枚のアルバムが2022年内にレコード、CDで発売されます。各新装版には、オリジナル音源のリマスター版に加え、未発表曲も収録されます。


「Vrioon」は、2002年にリリースされ、二人のミュージシャンがそれぞれの持ち味を最大限に活かし、ミニマルなピアノ構成と電子楽器のグリッチノイズの要素により、見事な融合がはかられた画期的な作品です。

 

今度のレコード盤の二枚組のリイシューには、フルアルバムの収録曲に加え、これまで未発表だった「Landscape Skizze」と呼ばれる楽曲が新たに追加収録。この曲は、坂本龍一の1985年のアルバム「Esperanto」のWe Wants Soundsによる最初のリリースに続いて制作されたようです。

 

5月27日のリリースに先だってヴァイナル盤「Vrioon」の先行予約が始まっています。日本国内では六月中旬にタワーレコードで輸入版LPとして発売が決定しています。


https://tower.jp/item/5405330/Vrioon


以下でアートワークと収録曲をご確認下さい。 



Alva Noto/Ryuichi Sakamoto

「Vrioon」

 


 


Track listing


1.Uoon Ⅰ

2.Uoon Ⅰⅰ

3.Duoon

4.Noon

5.Trioon Ⅰ

6.Trioon Ⅰⅰ

7.Landscape Skizze」(未発表曲)


0 comments:

コメントを投稿