Friendship Merge Recordsからのデビューアルバム「Love The Stranger」を発表

 

Friendship credit:Abi Reimold


先月、フィラデルフィアを拠点に活動するインディーバンド、Friendshipは、Merge Recordsからのデビューアルバム『Love The Stranger』のリリースを発表。

 

彼らはさらに、ニューシングル「Alive Twice」をリリースしました。この曲は、人生のシンプルな喜びに感謝する時間を持つという曲です。この曲について、バンドのDan Wrigginsは次のように語っています。


詩人のリンダ・グレッグは、『Too Bright to See』という詩集を恋人のジャック・ギルバートに捧げ、「IT WAS LIKE BEING ALIVE TWICE」と大文字で書き記した。このフレーズは、後に彼女の詩『敗者』にも出てくる。調べてみると、グレッグは唐の時代の詩人、李白からこのフレーズを引用していたことがわかりました。アイリーン・マイルスも、そのことを語っているようです。

 

 

 

この曲はユニークな経過を経ています。私は、ディレイのかかったWurlitzerのラインとボーカルを一人で録音し、スタジオを後にしました。マイケル、ピーター、ジョンの3人はこの曲を聴いたことがなかったので、一緒にスタジオに入ってピアノ、ローデス、オルガンで即興演奏をしました。最後に、Wurlitzer の一部をドロップし、クールで余裕のあるエフェクトを作成しました。

 

 

 

Friendship 「Love The Strangers」

 

 


 

Label: Merge


Release: 2022,7.29


Tracklist

 

1.St.Bonaventure

2.What's the Move

3.Blue Canoe

4.Hank

5.Chomp Chomp

6.Love's

7.No Way

8. Alive Twice

9.Quickchek

10.Ramekin

11.Mr.Chill

12.UDF

13.Ryde

14.Season

15.Kum&Go

16.Ugly Little Victory

17.Smooth Pursuit

 

 

pre-order on Merge Records 


0 comments:

コメントを投稿