Oscar Lang ニューシングル「I've Never Been To LA」を発表

 

Oscar Lang&Walliace

ロンドンを拠点に置く鬼才ソングライター、Oscar Langがニューシングル「I've Never Been To L.A.」をリリースしました。


デビューアルバム「Chew The Scenery」以来の新曲となるこの曲では、Dirty HitのレーベルメイトであるWalliceとタッグを組んでいる。ウォーレスは、2021年、Diry Hitと契約を結んだばかりの新進気鋭のシンガーである。まだシングルのみのリリースとなり、これからデビューアルバムの登場が待ち望まれる。


「I've Never Been To L.A.」は、ハリウッドの目を通してしか晴れた日のロサンゼルスを見たことがない人々のためのアンセムソングである。L.A.出身であり、L.A.在住のウォーリスは以下のように話す。

 

「L.A.出身であり、L.A.出身であり、L.A.出身である。L.A.出身で、彼女の大ファンである僕は、Walliceにこのトラックに乗ってもらい、アメリカの視点から見てもらうのが正しいと思った」


ウォーレスはさらに、こう付け加える。

 

「オスカーが送ってくれたデモを初めて聴いたとき、私はフリーウェイを走っていて、ロサンゼルスの美しいオレンジ色の夕焼けの中、家に向かっていて、この曲が気に入ったの。この曲を聴きながら、理想的な時間と活動をしていると思う。私はL.A.で生まれ育ち、オスカーはここに来たことがないのですが、昨年、ロンドンで会ったとき、「遊びに行きたい」と言っていました。

 

L.A.は誰もがスターになるために移住してくることで悪名高いが、それに乗っかるのは結構楽しいのよ」


0 comments:

コメントを投稿