Bill Callahan ニューアルバム『YTI⅃AЯ』を10月14日に発売決定

 


ビル・キャラハンは、2020年の『ゴールド・レコード』以来のソロ・プロジェクトとなるアルバム『YTI⅃AЯ』のリリースを発表しました。キャラハンはsmogというバンドで活動していたほか、ローファイに傾倒したサウンドを提供する個性的なシンガーソングライターのひとりだ。


プレス・リリースによれば、ビル・キャラハンの新作『YTIȞЯ』には、ギターにマット・キンシー、ベース/バック・ヴォーカルにエメット・ケリー、ピアノ/バック・ヴォーカルにサラ・アン・フィリップス、ドラムにジム・ホワイトが参加しているとのことだ。


今回のアルバムについて、キャラハンは、「現在の気候に対応した、あるいは反映したレコードを作りたかったんだ」と話す。

 

「人々の愛、優しさ、怒り、あらゆるものを奮い立たせる必要があると感じたんだ。彼らの感覚を再び働かせるのです。怒りはすでにたくさんあったのでしょう。でも、もっといい怒りが必要だったんだ。この催眠状態から抜け出すために。ヒプノグラフィック・レイジ(解離性激怒)は、共同体を破壊し、他人を養う代わりに、自分自身を食い尽くす個人だけを残すようになってしまう。私たちは、他人を養うために生まれてきた。私たちには乳がある、乳房がある。私たちには言語がある、舌がある。私たちには音楽がある、耳がある。それはすべて養うためにあるんだ」 

 

 

『YTI⅃AƎЯ Commercial』 Drag City
 

 

 


「当時は、何かから抜け出して、クリアになっているような感じだったのを覚えている」とキャラハンは続ける。「だから、物事がどちらに転ぶかわからない、この重要な分岐点--冒険--で、観客の前に出すのに意味のある曲を思い描いていたんだ。人生の基本を再認識するような。人と人との交流の。対面すること。新しい明確なビジョン 新しい道 それはおそらく、スクリーン化された盲目の存在に引きこもる中で、我々がどこかで放棄した古い方法に過ぎないだろう」


また、Bill Callahanはニューアルバムで「6人か7人」が歌っていることを明かし、「このレコードを聴くのに1時間かかる」と付け加えている。

 

「このレコードを聴くのに1時間かかるが、最近の私には1年にも聞こえる。誰かの人生の1時間を奪うなんてありえない。私は、インターネットを非難する。インターネットに騙された自分たちが悪い。1時間というのは、実はとても素敵なことで、何でもない、一生分の時間なんだ。でも、その1時間のありがたみを知るためには、その一生を生きねばならない。このレコードを一度に最後まで聴けとまでは言いません。でも、そのような特別な目的のためにシークエンスされている」


この新作は、キャラハンの2020年のアルバム『ゴールド・レコード』、昨年のボニー・"プリンス"・ビリーとのコラボ・カヴァー・アルバム『ブラインド・デート・パーティー』に続くものとなる。


Bill Callahanのアルバム『YTI⅃AЯ』は、10月14日にDrag Cityからリリースされ、現在予約受付中です。ヴァイナル盤は2023年に発売される予定。11月2日にはロンドンのラウンドハウスで公演が予定されている。

 

 

Bill Callahan 『YTI⅃AЯ』

 




Tracklist:

 

  1. First Bird
  2. Everyway
  3. Bowevil
  4. Partition
  5. Lily
  6. Naked Souls
  7. Coyotes
  8. Drainface
  9. Natural Information 
  10. The Horse
  11. Planets
  12. Last One At The Party

 

 

Pre-order official store:  


https://ffm.to/realitybc


0 comments:

コメントを投稿