Robyn Hitchcock  新作LP『SHUFFLEMANIA!』の先行シングル「The Raging Music」を公開

 


1980年代初頭から活躍するロックンロールのカルトヒーロー、偉大なシンガーソングライターでもあるRobyn Hitchcockは、来月、5年ぶりの新作LP『SHUFFLEMANIA!』の発売を予定しています。7月のアルバム発表時には次のようなHitchcockからのメッセージが添えられていました。

    

親愛なるリスナーの皆さん、こんにちは。

    新しいレコード・アルバム『SHUFFLEMANIA!』を世に送り出すことができ、とても嬉しく思っています。

    SHUFFLEMANIA!」とは何か?それは、運命に乗ること、直感を信じること、そして、運命と闘うことです。ランダムなものを受け入れ、たとえそれが歯を磨く必要があるときでも、それと一緒に踊ることだ。おそらく、私が作ったアルバムの中で最も一貫性のあるアルバムだと思います。パーティーのレコードだが、パーティーにはつきものである厳粛な瞬間も少しある。グルーヴオン、グルーバーズ!

    Love on you,

    RH x

    2022年7月、ナッシュビル

 

ロビン・ヒッチコックは、この作品を「きちんとしたポップ・アルバム」と称しており、ブレンダン・ベンソン、ジョニー・マーといった友人や崇拝者の協力を得て、パンデミック時代に世界中の地域でレコーディングを行った。ヒッチコックは、ファースト・シングル 「The Shuffle Man」を公開している。 

 

 

 

今回、ロビン・ヒッチコックはファーストシングルに続いて「The Raging Muse」という新曲を発表した。


「The Raging Music」は、大掛かりなリフとサイドロングのフックに満ちた、不協和音の雰囲気に満ちたパワーポップジャムとなっています。ロビン・ヒッチコックは、この曲を、”You Am I”のリーダーDavid Lane(デヴィッド・レーン)の協力を得てレコーディング、タイトでありながら雑多な印象を与える作品に仕上げた。プレスリリースを通じて、ヒッチコックは「この曲は私の潜在意識の湖から生き生きと揺らめきながら、私のもとに新鮮なままやって来た」と語っている。


 「そもそも、私は強迫観念的な作家であると打ち明けねばなりません。"The Raging Muse "は、2020年にナッシュビルで書かれた。 1986年に『Element Of Light』で弾いたのと同じ古いテレキャスターのギターを使用し、タビーとリンゴが忠実にエンジニアを務めた、大雑把なホーム・レコーディングからこのプロジェクトは始まりました。

 曲の大方の骨組みが完成したところで、メルボルンの友人デイヴィー・レインにデモを送ると、彼はスパイクのような刺激的なリード・ギターで肉付けしてくれた。その後、カーディフの友人チャーリー・フランシスに、メロドラマ風のピアノとバグパイプのアレンジを付け加えてもらいました。

 この曲の中に出てくる草叢の中のいる奇妙な魚は、実のところ、私が何度も繰り返し見る不思議な夢の一つであって、おそらくまた、すぐ夢に出てくるだろうと思います」

 

シングル発売と同時公開された「The Raging Muse」のアニメーション・ビデオにもロビン・ヒッチコックの夢に出てきたという不可思議な魚が登場しています。

 

 

 

 

Robyn Hitchcock 『SHUFFLEMANIA!』

 


 

Tracklist

 

1.Shuffle Man

2.Inner Life Of Scorpio

3.The Feathery Serpent God

4.Midnight Tram to Nowhere

5.Socrates In Thin Air

6.Noirer Than Noir

7.The Man Who Loves The Rain

8.The Sir Tommy Shovell

9.The Raging Music

10.One Day(it's Being Scheduled) 

 


Pre-order:

 

https://robynhitchcockofficial.bandcamp.com/album/shufflemania

 

 

0 comments:

コメントを投稿