Smoke Fairies これまでに発表した全シングルを収録したコンピレーション「Singles」を10月28日にリリース

 

Photo: Maria Mochnacz

Smoke Fairies(Jessica DaviesとKatherine Blamireのデュオ)は、2008年のデビュー7インチ「Living With Ghosts」以降にリリースした全シングルを収録したコンピレーションアルバムのリリースを発表しました。(この新作アルバムのオフィシャル先行予約はこちらからどうぞ)

 

このコンピレーション・アルバムは、10月28日に”Year Seven Records”からリリースされる予定となっている。この作品はJack Whiteがプロデュースを手掛け、Third Man RecordsのブルーシリーズとしてダブルAサイド7インチとしてリリースされた「River Song」が収録されている。

 

ドラムとギターにはJackWhiteもレコーディングに参加しています。発表と同時に、Smoke Fairiesは、Sophie Graves監督によるこの曲のアニメーション・ビデオを公開しました。下記よりご覧ください。


「シングルをリリースして15年なんてあっという間だった」 と二人は声明でコメントしています。

 

「このリリースを作成することは、Smoke Fairiesのアーカイブを振り返るような経験となった。それぞれのシングルのリリースには、二人のそれぞれの思い出が込められているはずです」


先行シングル「River Song」について、彼らは次のようなコメントを添えている。


ジャック・ホワイトがレコーディングのためにサード・マンのスタジオに私たちを招待してくれたとき、私たちは何を期待すればいいのか、どんな曲を持っていけばいいのか見当もつかなかった。

 

「River Song」は、私たちが何年もかけて作り上げた、複雑で暗く不気味な作品です。ギター2本、ボーカルは古いヴィンテージ・マイクで歌い、そのままテープに録音した、とても純粋な手法をとっている。

 

私たちはナッシュビルから帰国し、この曲をジャックに託しました。1つはストレートで心に残るシンプルなもの、もう1つはティンパニとジャック・ホワイトの荒々しいギターソロが入っている。

 

しかし、この曲が初めて演奏されたとき、どちらのバージョンをリリースしなければならないかが分かった。この曲は時間や場所、ジャンルにとらわれず、ただただ奇妙なトラックであり、2つの世界の衝突であり、私たちは永遠にこの曲に感謝することになると思います。


0 comments:

コメントを投稿