Plains 明日発売のアルバム『I Walked With You A Ways』のラストプレビュー「Hurricane」を公開

 

©︎Molly Matalon

Plains(Jess WilliamsonとWaxahatcheeのKatie Crutchfieldで構成される)が、明日、10月14日にANTIからリリースされるPlainsのアルバム『I Walked With You A Ways』の最終シングル「Hurricane」を発表しました。

 

先に公開された「Abilene」と「Problem With It」に続き、「Saturday Night Live」のAidy Bryantが監督したミュージック・ビデオも公開されています。この曲のミュージックビデオは、Saturday Night LiveのAidy Bryantが監督しています。


クラッチフィールドは、「私は、Aidyがこのビデオに参加するビジョンを常に持っていましたが、本当に彼女を部屋に連れてくるだけで終わりました」と話す。

 

「そして、彼女は私たちのビジョンを深く理解し、時には私たち自身が説明するよりもうまく理解してくれました。彼女が時間と創造的エネルギーを惜しみなく使ってくれたことに感激しているし、これがどうなったかにも感激している」


「"Hurricane”は、私たちのレコードのために書かれた最後の曲だった」とウィリアムソンは付け加えた。ケイティが「ハリケーン」を持ってきたとき、私たちはアルバムが完成したことを知ったわ。

 

アルバム制作の数日前にケイティがアコースティック・ギターで弾いてくれたこの曲が、バンドと共にスタジオでシンガロング必至のバンガーへと開花する様子を見るのは、私にとって信じがたいことだった。Aidy Bryantのビデオはこの曲にぴったりで、彼女と彼女のチームと一緒にこの曲の映像世界に命を吹き込む作業をするのはとても楽しかった。


「私は長い間、WaxahatcheeとJess Williamsonのファンだったので、KatieからPlainsのMVを監督しないかと言われた時、そのチャンスに飛びつきました」とこのMVの制作監督を務めたAidy Bryantはコメントしています。

 

「才能があり、勤勉なスタッフに恵まれ、ロレッタ・リンの70年代のテレビ出演にオマージュを捧げました。また、彼らのツアーでバスを運転することになったので、ツアーでお会いしましょう!」


0 comments:

コメントを投稿