Snail Mail、Soccer Mommy、Sad13、BullyがPavementの「Grounded」をカバー

 


 10月1日(土)の夜、アメリカのロックバンド、Pavementが、現在開催中の再結成ツアー(ニューヨークでのセレモニーブルックリンのキングス・シアターでのペイヴメントのソールドアウト公演)の合間を縫い、「Pavements 1933-2022: A Pavement Museum」のテープカット・セレモニーに出席しました。さらに、マンハッタンの展示会では、バンドの歴史に残る数々の美術品が展示されるのに合わせて、魅力的なアーティストのカバー・ライブも開催された。

 

このイベントの出演者として、BullyのAlicia Bognanno、Snail MailのLindsey Jordan、Soccer MommyのSophie Allison、Speedy OrtizのSadie Dupuisが参加している。彼らは、Pavementが1995年に発表したアルバム『Wowee Zowee』から「Grounded」を演奏している。このライブパフォーマンスの模様を、ブルックリンに本拠を置くレコードショップ/音楽メディア、”Brooklyn Vegan”がYoutubeの公式アカウント上で公開しています。下記より御覧下さい。

 

 

 

ペイヴメント・ミュージアムは、マンハッタンのトライベッカ地区、グリニッジストリート475番地にありますが、今後のイベントは一昨日の10月2日で一旦終了しています。

 

展示会のウェブサイトによると、展示コレクションには、これまで未公開の画像、アートワーク、エフェメラ、そして「バンドの現実と想像の歴史に関する噂の遺物」などが含まれ、その中には本物とレプリカが混合している。

 

ニューヨークでのオープニングイベントの開催後、ペイブメントの魅惑的なコレクションは、ロンドンと東京を巡回し、最終的にバンドの故郷であるカリフォルニア州ストックトンに設置される。


 

 

 「Pavements 1933-2022: A Pavement Museum」

 


9月、ブルックリンのキングス・シアターでの4回のコンサートが完売したのを機に、ロックバンド、ペイヴメントは、博物館展「Pavements 1933-2022: A Pavement Museum」の開催を発表した。



「Pavements 1933-2022: A Pavement Museum」では、バンドの30年以上にわたる歴史的な遺物やアーカイブ資料とともに、未公開の画像、アートワーク、記念品、バンドの現実と想像上の歴史の噂の遺物(限定グッズや博物館の定番記念品も)を展示しています。



ニューヨークでのオープニングを始まりとして、世界各地での展示スケジュールが始まり、最終的にはバンドの故郷、カリフォルニア州ストックトンにアーカイブの常設展示される予定です。



「Pavements 1933-2022: A Pavement Museum」は、現代音楽界で最も称賛され、熟考されたバンドの1つの輪を完成させ、日常のありふれた場所で行われていたバンドの歴史を再定義する手助けをする目的で開催されている。

0 comments:

コメントを投稿