Death Valley Girls ニューアルバム『Islands In The Sky』のリリースを発表

 

Death Valley Girls

  LAを拠点に活動するガレージサイケバンド、Death Valley Girls(デス・バレー・ガールズ)は、2月24日にSuicide Squeeze Recordsから発売される次作『Islands in the Sky』を発表しました。

 

本日の発表に伴い、リード・シングル「What Are The Odds」とミュージック・ビデオが公開されました。アルバムのカバーアートとトラックリストについては、下記よりご覧下さい。


この新曲について、バンドのボニー・ブルームガーデンは声明の中で次のように語っている。

 

「"I'm a Man Too”を書いたとき、私たちはNo Doubtの『I'm Just a Girl』を再訪しようとしていたけれど、新しいレンズを通してね」

 

「”What Are the Odds "は、同じようにマドンナの 「Material Girl」をDVG風にアレンジして調査/再検討したものです。私たちは意識と存在について考えるのが好きで、ある種の輪廻転生を信じていますが、この経験は直線的ではなく、過去と未来はなく、何か別のことが起こっていると考えています それは何なのでしょう? シミュレーションなのか、私たちはシミュレートされた女の子なのか!?」


2020年の『Under the Spell of Joy』に続く作品を制作中、ボニー・ブルームガーデンは2020年11月から2021年3月にかけて原因不明の病気で寝たきりになってしまったという。

 

「病気の時は一日中ほとんど寝ているしかなかったんです。島の世話をしろ、島を養え...、という強烈なメッセージで数時間ごとに目が覚め続け、なぜかわからないけど、島のために音楽を作ることがずっと頭にあった」と説明し、こう続けた。


 「病気のとき、未来の自分に向けた愛のメッセージでレコードを作れないかと思い始めたんです。このとき初めて、自分自身の苦しみや、未来の自分が何を聞けば癒されるかを意識的に考えたんです。私はこれまで、精神衛生、虐待、PTSD、そして自分の居場所がどこにもないように感じ、とても苦労してきました。そして、未来の自分も含めて、誰にも二度と苦しんでほしくないのです。

 

  私たち(デスバレー・ガールズ)が信じているように、私たち全員がひとつの宇宙意識の一部であるならば、『Islands in the Sky』は、自分自身への愛と受容のメッセージとしてだけでなく、すべての自分からすべての自分へ、私たちはみんなひとつなのだから! というメッセージとしても機能することに気がついたのです」


「Islands in the Sky」には、先にリリースされたシングル「It's All Really Kind of Amazing」が収録される予定です。


 



Death Valley Girls 『Islands in the Sky』 

 


 
Label:  Suicide Squeeze Records

Release: 2023年2月24日


Tracklist:

1. California Mountain Shake
2. Magic Powers
3. Islands In The Sky
4. Sunday
5. What Are The Odds
6. Journey to Dog Star
7. Say It Too
8. Watch The Sky
9. When I’m Free
10. All That Is Not of Me
11. It’s All Really Kind Of Amazing


0 comments:

コメントを投稿