コーチェラ・フェスティバル 2023のラインナップが発表される



2023年4月14日〜16日、4月21日〜23日の2週に渡ってカルフォルニアのインディオで開催される米国最大級の音楽フェス『Coachella Valley Music and Arts Festival(コーチェラ)』は、世界的なフェスティバルの1つで、毎年超豪華なヘッドライナーとラインナップで音楽業界を賑わせてくれます。


そして本日、待望のヘッドライナーとラインナップが公開された。ヘッドライナーには、以前から噂されていた Bad Bunny(バッド・バニー)、BLACKPINK(ブラックピンク)、Frank Ocean(フランク・オーシャン)がラインナップされた。


その他、Björk、boygenius、Rosalía、Charli XCX、Christine and the Queens、Gorillaz、Sudan Archives、Burna Boy、Porter Robinson、Ethel Cain、The Chemical Brothers、Weyes Blood、Jai Paul、 Blondie、Kaytranada、Alex G、Kali Uchis、Pusha T、Wet Leg、Kaytranada、Yves Tumor、Snail Mail.が登場する予定です。





コーチェラ2022は、予定されていた2020年の開催が延期され、最終的にキャンセルされたため、フェスティバルが初めて年単位で休みを取ることになった。その後、AEGはレイオフ、一時帰休、勤務時間の短縮、給与の削減を相次いで実施しました。その後、コーチェラは2021年4月に延期されましたが、2021年1月にコロナウイルスに関する懸念が継続したため、再びキャンセルされました。 


 2022年4月にようやく復活したコーチェラ・フェスティバルですが、さまざまなドラマがありました。コーチェラの最初の週末が行われる予定だった10日も前に、カニエ・ウェストが突然ラインアップから外れ、代わりにザ・ウィークエンドとスウェディッシュ・ハウス・マフィアが登場したのである。ウエストはその後、ロサンゼルスを拠点とする制作・デザイン会社ファントムラボから、キャンセルされたコーチェラ公演の仕事に対して金を支払う義務があるとして、710万ドルの訴訟を起こされた。 コーチェラ2022は、ハリー・スタイルズ、ビリー・アイリッシュ、ザ・ウィークエンド、スウェディッシュ・ハウス・マフィアがヘッドライナーを務めました。

0 comments:

コメントを投稿