Concord Jazz(コンコード・ジャズ)、マイルス・デイヴィスの『Bitches Brew』にインスパイアされた新作『London Brew』 を発表

 

Concord Jazz


Concord Jazz(コンコード・ジャズ)は、マイルス・デイヴィスの『Bitches Brew』にインスパイアされた新作を発表しました。『London Brew』と題されたこのレコードには、イギリスのジャズ・シーンの重要なプレイヤー、Nubya Garcia、Shabaka Hutchings、Dave Okumu、Tom Skinner、Benji B、Theon Crossらが複数参加しています。

 

2020年12月にロンドンのPaul Epworth's Church Studiosでレコーディングが行われた。3月31日に2xLP、2xCD、デジタルで発売される予定です。以下、トレーラーをチェックし、そのファースト・シングル「Miles Chases New Voodoo in the Church」を聴いてみてください。


ガルシアはプレスリリースでニューシングルについて次のように語っている。"このシングルは、マイルス・デイヴィスのジミ・ヘンドリックスへの頌歌('Miles Runs the Voodoo Down')を私たちが解釈したものです」

 

私はいつも、マイルスとジミの創造的な心にとても刺激を受けてきた...。2人とも自分の道を切り開いた革新者であり、それは、私が自分のキャリアで目指してきたものでもあります。ここしばらくは、自分の楽器でペダルやエフェクトを試したり使ったりしていたので、この曲で彼らの遺産に敬意を表しながら、それを実現できたことは、創造的にも個人的にも嬉しいことでした。


London Brewに参加したミュージシャンたちは、ギタリストのマーティン・テレフェとエグゼクティブ・プロデューサーのブルース・ランプコフによって、パンデミックのために結局中止となったBitches Brewの50周年を祝うライブのために集められた。「私にとって、ビッチェズ・ブリューとはそういうものだ」とシャバカ・ハッチングスは声明で述べている。

 

純粋に音楽が好きで音楽を作っているミュージシャンたちが、社会的な力として、社会的な構成要素として、音楽活動に取り組んでいる。彼らは、団結と動きを表現するものを作っている。それが生きているということなんだ。統一感があり、運動があり、振動がある。それ以上に生きていることはないよ。つまり、それがビッチェズ・ブリューなんだ。


 

 

 



Concord Jazz 『London Brew』 

 


 
Label: Concord Jazz

Release: 2023年3月31日
 

Tracklist:

1. London Brew
2. London Brew Pt.2 – Trainlines
3. Miles Chases New Voodoo in the Church
4. Nu Sha Ni Sha Nu Oss Ra
5. It’s One of These
6. Bassics
7. Mor Ning Prayers
8. Raven Flies Low

Pre-order:

https://london-brew.lnk.to/London_Brew

0 comments:

コメントを投稿