NOFX、ファイナル・ツアー”40 Years,40 Cities,40 Songs Per Day”の詳細を明らかに


NOFX
 

NOFXは、正真正銘のファイナル・ツアー、”40 Years,40 Cities、40 Songs Per Day”の詳細を発表した。昨年、Fat Mikeは、今年のライブツアーがNOFXとしての最後の活動になることを公表していた。


世界40都市を巡るこの大規模なファイナル・ツアーは、4月22日にテキサス州オースティンから始まり、途中の日程に、スペイン・バルセロナ等のヨーロッパ公演を挟んで、2024年10月に米国に帰国し、カリフォルニア州ロサンゼルスで六ヶ月間に及ぶ公演の幕を閉じる。NOFXは、このツアー期間中のライブにおいて、フルアルバムやレア曲を含む一晩につき40曲を演奏し、さらに、ショーがユニークになるように、同じセットリストを繰り返すことはありません。



NOFXのフロントマンとして知られ、Fat Wreck Chordsの主宰者でもあるFat Mike(ファット・マイク)は、「これは、MÖTLEY CRÜEやBLACK SABBATHのような(偽物の)ファイナル・ツアーではない... 。NOFXが演奏するまさに正真正銘の最後のショーなんだ。俺たちは心を込めてプレイするつもりだ...。全ての喜びを込めて...、そして、俺たちは終わるんだ。俺達は終わりだ」



NOFXのファイナル・ツアーは、4月22日と23日にテキサス州オースティンのカーソン・クリーク・ランチで行われる大規模なパンクロックとビールの週末キャンプ・フェスティバルから始まり、特別ゲストとして、PENNYWISE、CIRCLE JERKS、FACE TO FACE、RIVERBOAT GAMBLERS、CODEFENDANTS、GET DEAD、BAD COP BAD COP、The Bombpops、PEARS、PIÑATA PROTEST、その他の出演者が登場することになっている。



公演のチケットは、今週金曜日、1月13日午前10時(日本時間)より、公式サイトwww.PunkInDrublicFest.com で販売開始されます。チケットは、1日券、Bro Bundle、VIPなどのオプションがあり、チケット購入者には各公演のデジタル・ダウンロードが提供されます。


最初に公表されツアー日程は以下のとおり、ヨーロッパでの日程、会場、ラインナップは近日中に発表される予定です。



・4月22日~23日:テキサス州オースティン、カーソンクリーク・ランチ(キャンプアウト)
・5月13日 カリフォルニア州サンディエゴ
・5月19日~20日 スペイン・バルセロナ
・6月02日 - オーストリア、リンツ
・6月24-25日 - オハイオ州コロンバス(キャンプアウト)
・7月22日〜23日:ワシントン州タコマ
・9月16日 - カリフォルニア州サンフランシスコ
・9月30日:フロリダ州セント・ピーターズバーグ



1983年、ロサンゼルスでマイクを中心に結成されたNOFX。BAD RELIGION、SUICIDAL TENDENCIES、THE GERMS、DESCENDENTSを輩出したLAパンク・シーンと同じ熱狂の中で彼らが登場したのは必然だった。


NOFXは、1989年にパンクの名門レーベル”Epitaph Records”と契約を交わすまで、騒がしい才能を磨き、重要なスケート・パンクのアルバムを次々とリリースしていった。1990年にリリースされた "Ribbed "は今でもファンの間で人気があり、その後 "White Trash, Two Heebs And A Bean "と "Punk In Drublic "は100万枚以上のセールスを記録、最初のブレイクとなった。この10年間は、NOFXにとって大成功の期間となり、バンドはWarped Tourを普及させ、1990年代のスケート/サーフィン/スノーカルチャーの押しも押されぬトレンド・バンドに上り詰める。その後、2000年代初頭、NOFXはサマー・ソニックで来日公演を果たし、素晴らしい演奏を行った。


NOFXは、活動中期から、米国の政治に対する強いアンチテーゼを楽曲の中に取り入れるようになった。当時、ブッシュ政権に対する反対意見を積極的に共有し、イラク侵攻に反対意見を表明しようとしたため、反体制派とみなされ、キャリアを通じて、主流派のプレスやメディアで宣伝を行なうことを禁じられていた。しかし、ひとたび、その門が開かれると、NOFXと彼らの「ブッシュに反対するロック」運動は、あらゆるところで見られるようになった。ひとつだけここではっきりと伝えておきたいのは、ファット・マイクほどアメリカの国民を愛し、そして、アメリカという国家をこよなく愛するパンク・ロッカーは、これまで存在しえなかったこと。その後、バンドは、Newsweek、Rolling Stone、New York Times、Howard Stern、さらにネットワーク・テレビを通じて宣伝を行うようになった。こうした注目度の高い関心と広告は、2003年のレコード「The War On Errorism」の成功に反映されており、発売当時、全米インディーズ・チャートで1位、ビルボードのインディー・チャートでも上位にランクされた。

0 comments:

コメントを投稿