Jess Williamson、ニューアルバム『Time Ain’t Accident』のリリースを発表 6月9日にMexican Summerより発売

 

©︎Jackie Lee Young


ロサンゼルスを拠点に活動するシンガーソングライター、Jess Williamson(ジェス・ウィリアムソン)は、6月9日にMexican Summerからリリースされる予定のアルバム『Time Ain't Accidental』を発表しました。


本日の発表では、リード・シングル「Hunter」とそれに付随するビデオが公開されています。


"もしあなたがゴーストになったことがあるなら、もしあなたが手に入らない人を追いかけたことがあるなら、もしあなたが完全な食事を必要とするときにパンくずを与えられたことがあるなら、「ハンター」はあなたのための歌です "とウィリアムソンは声明で説明している。


私は、別れに心を痛め、ロサンゼルスでデートの実験をしていた時期に書きました。あの時代は狼に放り出されたような気分だったが、そのおかげで自分自身と自分が本当に望んでいるものをよりはっきりと見ることができた。この曲は、本当の恋人たち、本物を探している人たちのためのアンセムなんだ。


昨年、ウィリアムソンはワクサハッチーのケイティ・クラッチフィールドとのコラボ盤『I Walked With You a Ways』をプレインズ名義でリリースした。彼女の最後のソロアルバムは2020年の『Sorceress』である。



「Hunter」

 



Jess Williamoson 『Time Ain’t Accidental』 

 


Label: Mexican Summer

ReleaseDate: 6月9日

 

Tracklist:


1. Time Ain’t Accidental
2. Hunter
3. Chasing Spirits
4. Tobacco Two Step
5. God in Everything
6. A Few Seasons
7. Topanga Two Step
8. Something’s In the Way
9. Stampede
10. I’d Come to Your Call
11. Roads




 果てしない草原と海の波、長いドライブとハイウェイの広がり、ダンス、煙、セックス、肉体的な欲望-ジェス・ウィリアムソンのニューアルバム『Time Ain't Accidental』の核となるイメージは、地上と肉欲に満ちている。

 

パンデミックの始まりにウィリアムソンとロサンゼルスの自宅を去ったロマンチックなパートナーや長年の音楽仲間との長い別れの後、このアルバムは、ウィリアムソンという人物とアーティストとしての地殻変動を告げる。



テキサス出身でロサンゼルスを拠点に活動するシンガー、ソングライター、マルチ・インストゥルメンタリストであるウィリアムソンにとって、大胆にも個人的な、しかし必然的な進化である『Time Ain't Accidental』は、象徴的な西部の風景、涙のビールアンセム、そして、完全に彼女自身のものとなるカントリーミュージックのモダンさを思い起こさせる。

 

このアルバムは、サウンド的にもテーマ的にも、何よりもウィリアムソンの声が前面に出ていて、そのクリスタルでアクロバティックな音域が中心となっています。リンダ・ロンドシュタットのミニマリスト化、ザ・チックスのインディーズ化、あるいはエミルー・ハリスがダニエル・ラノワと組んだ作品などを思い浮かべてほしい。大胆に、そして控えめに鳴り響くこのサウンドは、女性が初めて自分の人生と芸術に正面から、明白に、自分の言葉でぶつかっていく姿なのだ。



 昨年、ウィリアムソンとワクサハッチーのケイティ・クラッチフィールドは、プレインズ名義で『I Walked With You A Ways』をリリースした。女性としての自信と仲間意識、そしてストレートなカントリーバンガーとバラードでウィスキー片手に溢れるほどの絶賛を浴びたレコードです。過去にMexican Summerからリリースした『Cosmic Wink』(2018年)と『Sorceress』(2020年)の後、ウィリアムソンは新たな方向へシフトする準備が整っていると感じていました。幼少期に好きだったものを再確認し、プロセスをシンプルにし、友人と一緒に音楽を作ることが、ウィリアムソンにとって最良のステップであることが証明された。



2020年初頭、新たな疎遠に慣れ、自分の思考と隔離された状態で、ウィリアムソンは自宅で一人でストリップ・バックの単体シングル「Pictures of Flowers」を書き、録音した。この経験は、『Time Ain't Accidental』の土台となった。この曲の歌詞のテーマは、地上的で平易なもので、ドラムマシンをバックにしたウィリアムソンの声と、友人のメグ・ダフィー(ハンド・ハビッツ)による質感のあるギターが組み合わされている。

 

やがて、ウィリアムソンは、音楽的には自分一人でも十分に通用する、いや、それ以上の存在であることに気づいた。


Weyes Blood、Kevin Morby and Hamilton Leithauser、José Gonzálezとのツアーは、この新しい自己肯定感を強め、それまで演奏したことのない規模の部屋で彼女の声を響かせることができた。

 

 パンデミックの不安の中、ウィリアムソンはロサンゼルスでデートを始め、興奮、不安、失望に満ちたリアルな体験を中心にデモ曲を制作した。ドラムマシンは、iPhoneアプリという形で登場し、真のソロシンガー、ソングライターとして、誰の影響も受けずに自分の音を見つける女性として、新しい道を切り開く決意をする。それは孤独であり、しかし啓示に満ちた時代だったのだ。



その時のエッセンスは、最初の先行シングル”Hunter”の冒頭に集約されている。

 

「私は狼の群れに投げ込まれ、生で食べられた」とウィリアムソンは歌い、澄んだ瞳で、反対側に出てきたという決意を持っている。LAでの交際は波乱万丈だったが、この曲のサビやアルバムの根底にある感情、「私は本物を探すハンターなんだ」という真理を明らかにしたのだ。


このテーマは、他の曲にも見られる。鮮やかなトーチソング "Chasing Spirits "で、スティールギターの囁きとともに、「私たちの違いは、私がそれを歌うとき、本当にそれを意味すること」と歌っている。同じようなエネルギーが "God in Everything "で蘇り、ウィリアムソンは、デートや拒絶といった地上の現実を乗り越える方法として、超自然的なものに目を向けている。

 

"別れたばかりで、一人で監禁されているような状態は、私にとって本当に辛い時間だった "と彼女は回想している。

 

私が感謝しているのは、静寂と絶望に包まれた時期があったことで、内側に目を向け、自分よりも大きな力の中に安らぎを見出すことを余儀なくされた。



ウィリアムソンもアルバムのライナーノーツで、この不安と激動の時代に親友から送られたカール・ユングの言葉を紹介しています。それは次のような内容です。

 

今日に至るまで、神は、私の意志で激しく無謀な道を横切るすべてのもの、私の主観、計画、意図を狂わせ、私の人生のコースを良くも悪くも変えるすべてのものを指定する名前である。



 一人きりで探し続けること数カ月、ウィリアムソンはついに念願のリアルを手に入れる。まず、「プレーンズ」の構想が生まれ、その後、作曲やレコーディングのセッションが行われた。そして、南カリフォルニアの自宅と生まれ故郷のテキサスとの間を定期的にドライブしていたウィリアムソンは、ニューメキシコの砂漠のハイウェイで、捨てられて走っていた愛犬””ナナを発見して保護したのだった。


しかし、良い出来事は3度続くものである。彼女はすぐにテキサス州マーファの古い知り合いと新しい恋に落ちた。

 

それは、"Time Ain't Accidental "というタイトル曲の中でストレートに表現されている。"西テキサスで友人を訪ねていた時にお互い好きになったんだけど、その後LAに戻るために出て行ったんだ。"とウィリアムソンは説明する。

 

また会えるのか、いつ会えるのかわからなかったけど、愛に満ち溢れていて、そんな気持ちになったのはすごく久しぶりだった。この曲は、帰国したその日に書いたんだ。ホテルのプールバーでいちゃつき、ドライブに出かけ、甘い夜を過ごし、そして私は帰らなければならなかった。

 

ウィリアムソンは、デモ音源一式と新たな自信を携えて、ノースカロライナ州ダーラムにあるブラッド・クック(プレインズのプロデュースを担当)のもとへ向かった。

 

慣れ親しんだ環境は、深く個人的な内容を安んじて表現する環境を作り出した。ウィリアムソンは無意識のうちに自分の声を解き放つことに。曲ごとに2、3テイクで録音した。「自分の声が解放されたような気がする」と、ウィリアムソンは振り返る。クックは、ウィリアムソンに、デモ曲のためにプログラミングしたiPhoneアプリのドラムマシンのビートを残すように勧め、バンジョーやスティールギターと組み合わせて、古いものと新しいものを融合させたのである。

 

 ウィリアムソンは現在、テキサス州マーファとロサンゼルスを行き来している。伝統的なカントリーの楽器編成にデジタル・エフェクトやモダンなサウンドを加えた『Time Ain't Accidental』は、彼女が故郷と呼ぶ2つの全く異なる場所のエネルギーを明確に体現している。

 

アルバムのアートワークは、微妙に威嚇的でありながら、意識と強さがネオン色で、ウィリアムソンの言葉を借りれば、「超自然的な力が私たちの周りで作用しており、私たちが正しい時に正しい場所にいることを信じることができる」ということを表しています。



 『Time Ain't Accidental』は、本物の何かを探し求め、憧れることから生まれたむき出しの自信で注目されているが、ウィリアムソンは、彼女の道を阻む不思議な時の気まぐれも認識している(そして彼女はそれをタイトル曲で追悼している)。最終的に、これらの目に見えない力が、このシンガーを自分自身の中に引き戻した。このタイミングは、まさに偶然ではなかったのだ。

0 comments:

コメントを投稿