Metallica、Jimmy Kimmelに出演、「Lux Æterna」をライブパフォーマンス

 



メタリカは金曜日に発売されるアルバム『72 Seasons』の発売に先駆けて、Jimmy Kimmel Liveに出演し、毎晩ライブを行う予定です。ライブパフォーマンスの前に、メタリカの4人のメンバー全員がJimmy Kimmelと一緒に座った。


メタリカの80年代の代表曲でもありスラッシュメタルの稀代の名曲でもある「Master Of Puppets」は昨年の映画『Stranger Things』のバイラルヒットとなったために当然ながらトークのなかで話題にのぼった。James Hetfieldは、「実はストレンジャー・シングスのためにあの曲を書いたんだ、1980年頃だったかな? こうなることは分かっていたんだ」とジョークを交えて語った。

 

さらに、インタビューの中で、ジェイムス・ヘットフィールドはマーチングバンドの大会や、バージニア工科大学が「Enter Sandman」を公式ソングとして採用したことについても少し話した。


「自分たちが演奏し、自分たちがやっていることが好きで、それを誰かが受け止めて、自分たちのセンスで表現して、自分たちのチームの演奏のために観客全体を盛り上げるという事実は二重にクールなんだ」


また、司会のJimmy Kimmelは4人に初めて買ったアルバムを列挙させた。ラーズ:ディープ・パープルの『ファイアーボール』。ジェームス: レナード・スキナードのアルバム。ロバート:サンタナの『アブラクサス』。カーク:パートリッジ・ファミリーのクリスマス・アルバム。


今週の最初のパフォーマンスでは『72 Seasons』のファーストシングル「Lux Æterna」を演奏しました。演奏とインタビューの模様は以下からご覧ください。




0 comments:

コメントを投稿