Caroline Polachek、2021年リリースのシングル「Bunny Is A Rider」のリミックスバージョンを公開

 

Caroline Polachek

Caroline Polachek(キャロライン・ポラチェク)は、「Bunny Is A Rider」のリミックスバージョンを新たに公開した。

 

ポラチェックは今年、『Desire,I Want To Turn Into You』を発表しており、こちらはその週のベストアルバムに選ばれた。現時点のアートポップ/エクスペリメンタルポップのタイトルホルダーといえよう。

 

この曲は、キャロライン・ポラチェクの『Desire, I Want To Turn Into You』がリリースされるほぼ2年前の2021年にリリースされたときと同じように新鮮に聴こえる。このリリースはまだアーティストがバルセロナに活動拠点を移す以前の時代に録音された。今回、オリジナルに飽きてしまった人のために、このアート・ポップ界の大御所は、「Bunny」の2周年を記念して、Doss、Sega Bodega、Nikki Nairによる3つの新しいリミックス・バージョンを公開した。

 

キャロライン・ポラチェクの音楽そのものは非常に広汎なジャンルに彩られていることがこのリミックス・バージョンを聴くとよく分かる。


「Strawberry」の軽快なシューゲイザーから脱却した、Polache "Bunny "のリミックスでは、ドスはポラチェクの曲をブラックライト・テクノにアレンジしている。その一方で、Sega Bodegaの「UKG」リミックスはその名の通り「UKG」に仕上がっている。アトランタのプロデューサー、Nikki Nairによるこのバージョンは、最近の「UKG」のリミックスに使用されている。



リミックス全3曲は以下よりチェック。

0 comments:

コメントを投稿