Samia & Maya Hawke  「Honey」をカバー

Maya Howke & Samia


SamiaがMaya Hawkeを起用し、今年初めにリリースしたアルバムのタイトル曲「Honey」をカヴァーした。ホークによるこの曲のテイクを以下で聴くことができる。


「Honey」は、サミアが気ままな週末を空想するのに合わせてミュートされたギターが素早くかき鳴らされる、すでにかなりまばらな曲だった。しかし、ホークの演奏は、ギターのメロディーにファジーな鍵盤とさらに弱々しいヴォーカルを加え、この曲の核心にある悲しみを表現している。

 

「Honey」


 

サミアは声明の中で、ホークの「Honey」のカヴァーについてこう述べている。「アルバムのために”Honey”をレコーディングしていた時、元々は辛い曲だったものを、キャンプファイヤーで一緒に歌うようなものに変えることで、皮肉な深みを加えた」

 

だから、マヤがこの曲で何をするのか聞きたかった。驚いたことに、彼女はキャンプファイヤーをすべて取り去ってしまった。彼女のバージョンでは、プロダクションがいかに控えめであるかということで、絶望感を余すところなく聴くことができる。私自身の作品において、このような新しい視点を探求することこそが、私がリ・イマジンド・コンセプトに惹かれる理由なのです。



大好きな人が大好きな曲を書くというのは素晴らしいことです。『ハニー』のカバーを依頼されたのは光栄だったし、お祝いの裏に感じた悲しみを引き出したかった。プロデューサーとしてウィル・グレーフェと仕事をするのが大好きだった。彼なしで曲をレコーディングしたことはなかったし、彼をプロデューサーとして経験することはさらに素晴らしいことだった。


「Honey」は、サミアの友人たちが彼女の2ndアルバムの曲をカバーする「Honey Reimagined 」のシングル・シリーズの最新作である。以前には、Blondshellが「Charm You」をカヴァーしている。

0 comments:

コメントを投稿