Another Sky ニューシングル「Burn the Way」をリリース


 

ロンドンのAnother Sky(アナザー・スカイ)が「Burn the Way」をリリースした。以下でチェックできる。この曲は、Pearl Jam、Alice In Chains、Stone Temple Pilots、Mother Love Bone、Green Riverに象徴されるシアトル・サウンド(グランジ)の熱狂性を留めている。


この曲について、バンドのヴォーカルであるカトリン・ヴィンセントは次のように語っている。


『Burn the Way』は、気候変動について否定的な人との会話の後に書かれました。無力感にさいなまれ、その人の現実を引き受ける前に、その人の行動から逃げ出さなければならないという気持ちを歌っている。


怒りは困難で複雑な感情であると同時に、時には生き残るための第一歩でもある。気候変動は誰にでも訪れる。誰も木の上でそれを待つことはできない。時には怒りが道を切り開く。

 

また、この曲はビッフィ・クライロのサポートをした後に書いたもので、ライブ・パフォーマンスに対する新しい視点を完全に与えてくれた。前回のツアーでも何度か演奏したが、どのショーでもモッシュピットができたのは初めてだ。



 「Burn the Way」


0 comments:

コメントを投稿