The Replacements デビュー・アルバム『Tim』のボックスセットを9月22日にリイシュー


ミネアポリスのロックバンド、ザ・リプレイスメンツ(The Replacemnts)は、2015年に行われた2年間の再結成の最終公演以来、聴衆の前で一音も演奏していないが、この秋、ファンに向けて、アーカイブという大きなご褒美が用意されているのをご存知だろうか。ライノは、バンドが1985年にサイアー・レコードがリリースしたメジャー・デビュー・アルバム『ティム』のCD4枚組/LP1枚組ボックス・セット・バージョンの発売日を9月22日に決定した。


トミー・ラモーンとして知られる故トミー・エルデリイによってプロデュースされたアルバムには、"Bastards of Young"、"Kiss Me on the Bus"、"Left of the Dial"、"Waitress in the Sky "など、リプレイスメンツの不朽の名曲が収録されている。


Stasiumの手による新しいミックスは、オリジナルのマスター・テープから作られた。オリジナルバージョンよりも、リプレイスメンツの特異なロックンロール・サウンドの味わいをより一層引き出している。「エドは、彼の素晴らしい歴史と、親友でありコラボレーターでもあったトミー・ラモーンとの深いつながりを考慮し、私たちが真剣に検討した唯一の人物でした」と、今度のボックス・セットをライノのジェイソン・ジョーンズと共同プロデュースし、付属のハードカバー・ブックに寄稿したバンドの伝記作家ボブ・メアは言う。

 

「このヴァージョンを聴けば、このレコードがどのような音で聴こえたのかが実感できるはずだ」


StasiumのミックスとErdelyiのオリジナル・ミックスのリマスター・ヴァージョンを補強するディスクが、『Sons of No One: Rare & Unreleased』となる。


トミー・スティンソンが作曲し、ポール・ウェスターバーグが歌った「Havin Fun」、「Nowhere Is My Home」、「Left of the Dial」、「Can't Hardly Wait」、「Bastards of Young」、「Hold My Life」の別ミックスやデモ、ビッグ・スターのアレックス・チルトンがプロデュースした1985年1月のレコーディング・セッションの未発表音源などが収録されている。


このボックスの4枚目のディスクは、『Not Ready for Prime Time』と名付けられ、1986年1月11日にシカゴのキャバレー・メトロで行われたコンサートの記録である。”I Will Dare"、"Favorite Thing"、"Kids Don't Follow "といった定番曲や、"Go"、"Mr.Whirly "といったディープなカットに加え、28曲からなるショーでは、故ギタリスト、ボブ・スティンソンがノーヴァスの "The Crusher "のカヴァーで珍しいリード・ヴォーカルをとっている。


リプレイスメンツのトミー・スティンソンは、このような形で自分の音楽的バック・ページを調べ上げるのは簡単なことではないと認めている。


「ポール・ウェスターバーグが歌ったこのハードなアンセム曲について、彼は笑いながらこう語る。


「このような古い曲をリリースするのはとても素晴らしいことだが、バンドにいる人間にとってはとてもぞっとすることだよ。それは正直に言っておきたい。でも、これらのパッケージは、オリジナルのレコードが語っていたよりも大きな物語を語っているし、市場がある限り、それらを世に出すことで失うものは何もないよ。私たちを不快にさせるかもしれないが、リプレイスメンツでは常に不快だったね。今までで一番不器用で、不満だらけのクソロックバンドだったと思うよ(笑)」


50曲の未発表曲の中で、『Tim:Let It Bleed Edition』には、ビッグ・スターのアレックス・チルトンがプロデュースした1985年1月のセッションの音源がいくつか収録されている。ラモーンズのトミー・エルデリがプロデュースした『Tim』のオリジナル・バージョンに収録されたのは、チルトンが手掛けた1曲(「Left of the Dial」)のみ。今にして思えば、このコラボレーションは意図的なミスマッチだったとスティンソンは認めている。


「Left To The Dial」

 

 

「アレックスはニューオーリンズに住んでいて、冬眠から覚めかけていた。彼は、リプレイスメンツというバンドがなぜ自分にレコードのプロデュースを依頼するのか不思議に思っていたに違いない。彼自身、そういうことができる準備ができているようには思えなかった。私たちは彼のことが大好きだったし、ビッグ・スターのファンだったから仲良くなれた。でも私たちには曲があり、レコードを作らなければならなかった」


ミネアポリスで愛されたバンドが1985年にサイア・レコードからリリースしたメジャー・デビュー・アルバム『Tim』には、バンドの不朽の名曲が収録されている。しかし、スティンソンは当初から、そのサウンドに不満を抱いていたらしか、それがこのボックス・セットにプロデューサーのエド・ステイシウムによる全く新しいミックスが収録されている理由のひとつである。


「オリジナル・レコードがなぜあのような音だったのか、そしてなぜこの方が良い音なのか、私は正確に語ることができる。トミーの耳は、彼自身が認めているように狂っていた。彼はミキシングを行い、ヘッドフォンで多くのものを聴いていた。だから、ティムはいつもヘッドフォンでミックスされたように聴こえた(笑) また、1985年当時、デジタル・リバーブは新しいコンセプトだったが、今聴き返すと、ちょっと時代遅れのサウンドで、あのレコードではそれがよく分かるよね。エドのミックスは、1985年だから、何をするのかもわからないような新しいことを試していた。対照的に、より充実した、よりオーガニックなサウンドのロック・ミックスにするために、それを捨てたんだ」


「Can't Hardly Wait」


The Replacementsの代表曲「Can't Hardly Wait」は、ティム・セッションで試されたいくつかのヴァージョンでボックス・セットに収録されているが、この曲が正式に日の目を見るのは、リプレイスメンツの次のアルバム、1987年の『Pleased To Meet Me』だった。この曲は、1986年1月にリリースされたライヴ・アルバム『Not Ready for Prime Time』に収録された、愛すべき無骨なヴァージョン。


「ポールは、この曲をナビゲートしようとしていて、ティムの時点では、何度も演奏していたにもかかわらず、まだ準備が整っていなかったんだ。彼は、この曲が頭角を現す準備が整うまで、ミックスに長く入れておく必要があるとわかっていて、『Pleased To Meet Me』でそれが実現した。メンフィスでこの曲をカッティングしたとき、ポールは私に、アコースティック・ギターを弾かせたんだ。理由はよくわからないよ。あのアルバムがそうであったように、シンプルにしてスリー・ピースのシナリオでアプローチする必要があったんだと思うね」


22年前に険悪な形で解散したリプレイスメンツは、2013年に2年間のツアーで再結成されたが、再び一緒に仕事をする予定はないという。


「ただ、僕ら2人にとってリプレイスメンツがどういった存在であったかは、おそらくそれぞれ違っていると思うんだ。今では、リプレイスメンツには尊敬と愛と畏敬の念しかないよ。僕はもう十分に人生を歩んできたのだから、嫌な思い出には何ひとつしがみつかない。自分たちなりに、ロックの音楽史にかなりの足跡を残せたことは驚きだ。とてもクールなことだと思うね。そんなことができる人なんてそうそういないんだし、そのチャンスがあったことに本当に感謝しているよ」



Here is the track list for Sons of No One: Rare & Unreleased:


Can’t Hardly Wait (Acoustic Demo)

Nowhere Is My Home (Alternate Mix)*

Can’t Hardly Wait (Electric Demo) [Alternate Mix]*

Left of the Dial (Alternate Version)*

Nowhere Is My Home (Alternate Version)*

Can’t Hardly Wait (Cello Version)*

Kiss Me on the Bus (Studio Demo)

Little Mascara (Studio Demo)*

Bastards of Young (Alternate Version)*

Hold My Life (Alternate Version)*

Having Fun *

Waitress in the Sky (Alternate Version)

Can’t Hardly Wait (The “Tim” Version) [Alternate Mix]*

Swingin Party (Alternate Version)*

Here Comes a Regular (Alternate Version)


(* = previously unreleased)


Here is the track list for Not Ready For Prime Time:


Gary’s Got a Boner

Love You ‘Till Friday

Bastards of Young

Can’t Hardly Wait

Answering Machine

Little Mascara

Color Me Impressed

Kiss Me on the Bus

Favorite Thing

Mr. Whirly

Tommy Gets His Tonsils Out

I Will Dare

Johnny’s Gonna Die

Dose Of Thunder

Takin’ a Ride

Hitchin’ a Ride

Trouble Boys

Unsatisfied

Black Diamond

Jumpin’ Jack Flash

Customer

Borstal Breakout

Take Me Down to the Hospital

Kids Don’t Follow

Nowhere Man

The Crusher

I’m in Trouble

Go

0 comments:

コメントを投稿