クリーブランドのトリオ、Cloud Nothingsがピュア・ノイズ・レコードと契約  ニューシングル 「Final Summer」をリリース

 


クリーブランドのトリオ、クラウド・ナッシングスがピュア・ノイズ・レコードと契約、その発表を記念してニューシングル 「Final Summer」をリリースした。


この曲は、ジェフ・ザイグラー(カート・ヴァイル、ザ・ウォー・オン・ドラッグス、トーレス、パーリング・ヒス)とレコーディングされ、サラ・タジン(ポーチズ、ティム・ハイデッカー、ポム・ポム・スクワッド)がミックス、ジャック・キャラハン(ライリー・ウォーカー、マーチャンダイズ、ウルフ・アイズ)がマスタリングを担当した。


ギター/ヴォーカルのディラン・バルディは新曲についてこう語っている:"ファイナル・サマー "は、過去の自分と毎朝鏡を見た時の自分との調和について歌っている。クラウド・ナッシングスは結成から14年が経つが、その間の浮き沈みの多い日々を力強く乗り越えてこられたのは、「ファイナル・サマー」のコーラスを心に刻んできたからに他ならない:私には考えがあり、夢がある。



0 comments:

コメントを投稿