Bethany Cosentino ソロデビュー作の反響の少なさに落胆


今年初め、Bethany Cosentino(ベサニー・コセンティーノ)は自身のバンド、ベスト・コーストが無期限の活動休止に入ること、そしてソロ・デビュー・アルバム『Natural Disaster』をリリースした。


ベスト・コーストの無期限活動休止の決定について、ベサニー・コセンティーノは「人間としての、そしてアーティストとしての私のアイデンティティは、10年以上にわたってベスト・コーストに包まれてきました。プロジェクトを無期限で休止し、自分自身の新たな一面を探求するという決断は、とても難しいものでしたが、私にとって必要なことだと感じました」と述べた。


しかし、昨日の夕方、コセンティーノはTikTokのビデオにアルバムの展開について投稿し、その出来に「とてもがっかりしている」ことを明かした。


興味深いことに、この動画にはTikTokユーザーから、「コセンティーノがソロアルバムをリリースしたことすら知らなかった」というコメントが複数寄せられており、ソーシャルメディアアプリやアルゴリズムに依存し、トップアーティストになろうとするのは不可能なゲームだという考えがうかがえる。

 

「私は、このアルバムに自分のすべてを注ぎ込んだ。レコードを作るために、初めてカリフォルニアを離れた。自分のアイデンティティから離れたんだ。ベスト・コーストから離れて、私はベサニーになるって言ったの、正直に言うとね」とコセンティーノはその胸中を明かした。

0 comments:

コメントを投稿