ジャック・アントノフが大ヒット作『1989』の再録のプロセスを回想


ジャック・アントノフは、先日リリースされた『1989(テイラーズ・ヴァージョン)』のために、テイラー・スウィフトの2014年のアルバム『1989』の楽曲を再レコーディングする際の挑戦について、興味深い詳細を明かした。

 

ジャック・アントノフはスウィフトの最も親しいクリエイティブ・パートナーであり、過去10年間に彼女がレコーディングした全てのアルバムにソングライティングとプロデュースを提供してきた。2人の最初のコラボレーションは、2013年の映画『ワン・チャンス』に収録された楽曲『スウィーター・ザン・フィクション』だったが、アントノフが初めて手がけたスウィフトのアルバムは、2014年のオリジナル版『1989』。楽曲『アウト・オブ・ザ・ウッズ』、『アイ・ウィッシュ・ユー・ウィズ』、『ユー・アー・イン・ラヴ』をプロデュースしている。


スウィフトの前レーベルであるビッグ・マシーン・レコードが、彼女の最初の6枚のアルバムのマスター・レコーディングの権利をプライベート・エクイティ会社に売却した後、スウィフトは6枚のアルバムすべてを、今度は彼女の管理下でマスターを再レコーディングすることを決めた。


アントノフは『Fearless』、『Red』、『Speak Now』の新ヴァージョンには参加しているが、アントノフがスウィフトと元々一緒に制作していたアルバムの新ヴァージョンのプロデュースを任されたのは、今回の再録音までなかった。


プロデューサーである彼は、Vultureとのインタビューに応じ、自身の作品を再現することの難しさについて明かした。パッチ・メモリー・ストレージを持たないMoog Model D、Roland Juno-6のようなクラシックなアナログ・シンセを使用していたため、レコードで使用されたシンセ・パッチを即座にダイヤルすることができなかったことを回想した。


「ソフト・シンセは一切使っていないので、すべてがその部屋で作られた音なんだ」とアントノフは語った。「面白いのは、音を思い出せないことだよ。だからブリーチャーズのみんなは、そういうことですごく助けてくれた。僕とバンドにとって本当に楽しいプロジェクトになった」


「部屋から聞こえてくる音だけのトラックを何曲か作るんだ。インターネットでは、『Is It Over Now?』 私たちが知っていて大好きなアナログ楽器ばかりだったから、本当に楽しかった:ムーグ・モデルDやジュノ6などだね」


ジャック・アントノフはさらに、昔のレコーディングを再訪するプロセスを、長い間行方不明になっていた日記を発見することに喩えている。これらのセッションには、「ああ、この変人めと思うようなものがたくさんある。レイヤーを重ねることで、段階を経ることができるんだ」


「つまり、『Out of the Woods』はまさにキッチンの流しのような曲なんだ。それが栄光なんだ。プロデューサーとして成功したわけでもない私が、あんなことを積み重ねる理由はない。そして、この奇妙で雑然としたシンフォニーを作り上げたんだ」



0 comments:

コメントを投稿