Sufjan Stevensのダンスミュージカル『Illinoise』、ブロードウェイに登場予定


高名なシンガーソングライター、スフィアン・スティーブスの新作ミュージカル『イリノーズ』は、ニューヨークのパーク・アヴェニュー・アーモリーとシカゴ・シェイクスピア・シアターでのソールドアウト公演を経て、4月24日にニューヨークのセント・ジェームズ・シアターで幕を開ける。


このショーは、スティーヴンスにとって5枚目のスタジオLPとなる2005年のコンセプト・アルバム『Illinoise』(別名『Sufjan Stevens Invites You to: Come on Feel the Illinoise』)の収録曲で構成されている。


演出・振付はトニー賞受賞のジャスティン・ペック(『回転木馬』、『ウエスト・サイド物語』)が手がけ、ペックとピューリッツァー賞受賞の劇作家ジャッキー・シブルス・ドーリー(『フェアビュー』、『マリーズ・シーコール』)によるオリジナルストーリーが展開される。


イリノアイズのキャストは以下の通り。イェセニア・アヤラ(映画『ウエスト・サイド物語』)、カーラ・チャン(トワイラ・サープ・ダンス)、ベン・クック(映画『ウエスト・サイド物語』)、ギャビー・ディアス(『ソー・ユー・シンク・ユー・キャン・ダンス』優勝者、マエストロ)、ジャネーテ・デルガド(マイアミ・シティ・バレエ)、カルロス・ファル(映画『ウエスト・サイド物語』)、クリスティン・フローレス(ダンス・ヘギンボッサム)、ジェイダ・ジャーマン(トワイラ・サープ・ダンス)、ザカリー・ゴンダー(リリック・オペラ『カルメン』)など。


本公演のヴォーカリストとバンドは近日中に発表される。最初の発表によると、この公演は、"スティーブンスのアルバム全曲に、作曲家、ピアニスト、スティーブンスと頻繁にコラボレートしているティモ・アンドレスによる新しいアレンジを加え、DIYフォーク、インディーロックからマーチングバンド、アンビエント・エレクトロニクスまで幅広いスタイルで、11人のバンドと3人のヴォーカリストによる生演奏で、オリジナルストーリーに命を吹き込む"。


"ブロードウェイのセント・ジェームス・シアターでイリノーズを上演できることをとても嬉しく思っています。このプロジェクトは20年近く私の頭の中で反芻されてきたもので、この瞬間はより崇高なものになりました。「フィッシャー・センター・アット・バード、シカゴ・シェイクスピア・シアター、パーク・アヴェニュー・アーモリーでの上演を通して、観客の反応は並々ならぬものでした。


ペックはこの舞台を、"キャンプファイヤーの語りから宇宙の果てまで、アメリカのハートランドを旅する青春物語であり、音楽、ダンス、演劇のユニークな融合で観客を魅了する "と説明した。私のチームを代表して、私たちはこの貴重な機会を心から歓迎します」


 劇作家のシブリーズ・ドルーリーは、「このショーの構成に携わる各アーティストの技術をサポートすることは、喜びであり、インスピレーションでした。私にとって『イリノアイズ』を特別なものにしているのは、素晴らしいパフォーマーたちが観客と一体となり、感情やつながりを両手を広げて歓迎することです。公共スペースで、本質的なレベルで感動的な体験をすることはめったにないことなので、『イリノワーズ』をセント・ジェームス・オン・ブロードウェイで上演できることを、私たち全員が信じられないほど嬉しく思っています」


このミュージカルは8月10日まで上演予定。このショーは、オーリン・ウルフ、ジョン・スタイルズ、デヴィッド・ビンダーがシービューと共同でブロードウェイ用にプロデュースし、ネイト・コッチが製作総指揮、トーマス・O・クリーグスマンとフィッシャー・センター・アット・バードが共同プロデュースする。


スフィアン・スティーヴンスは2023年に2台のピアノのためのバレエ音楽『Reflections』をリリースしています。その後、ソロアルバム『Jevelin』をリリースしました。アルバムのレビューはコチラ

0 comments:

コメントを投稿