英国のレコード音楽収入は2023年に前年比8.1%増の14億3000万ポンドに


BPIによると、英国のレコード音楽収入は増加傾向にある。2023年に前年比8.1%増の14億3000万ポンドとなる。


この数字は、シンクロナイゼーションと公開演奏からの収入を含むもので、9年連続の成長となる。2022年に記録された4.7%の伸びを上回っている。


BPIは、英国のレコードレーベルがA&R、マーケティング、プロモーションを通じてアーティストのキャリアを支援するために毎年数億ポンドを投資していることが、この成長を後押ししていると述べた。


市場が成長し続けるにつれ、英国で毎年少なくとも1,000万回の音楽ストリーミングを達成するアーティストが増えている。2023年には、2,245組のアーティストが英国で1,000万ストリーミングを突破し、2年前より17%増加した。


昨年の取引総収入は、英国におけるレコード音楽の名目年間最高額となった。


しかし、CPI(消費者物価指数)を用いてインフレ調整すると、貿易収入は実質的に業界が達成すべき額を4億7800万ポンド下回った。この再計算された数字は、公開演奏とシンクが年間合計に含まれるようになった最初の年である2006年以降の軌跡に基づいている。RPI(小売物価指数)を用いたインフレ率の測定では、貿易収入は、実質的な上昇率に基づくと、実際には7億7,100万ポンド低かった。


ERAは最近、英国のレコード音楽の小売収入が過去最高を記録したと発表したが、この場合もインフレは計算に織り込まれていないという注意書きがある。


ストリーミングは市場全体を上回り、8.4%増の9億6,210万ポンドで、レコード音楽収入の67.4%を占めた(2022年は67.3%)。2013年には8.6%に過ぎなかったストリーミングは、今や音楽業界の主要な収益源となっている。


フィジカル・フォーマットからの収入は、前年の10.5%減から2023年には12.8%増となった。これは、LPレコードの売上が2桁の伸びを示したことと、CDの売上が回復したことによる。


インフレが要因であることは明らかだが、CDが曲がり角にきている兆しがある。高価なボックスセットも、CDの価値上昇に寄与している可能性がある。ERAは最近、CDの売上が20年ぶりに増加したと報告した。


レコードの売上は前年比18.6%増の1億4,160万ポンド、CDは5.4%増の9,720万ポンドで、2022年の23.7%減を上回った。1987年以来初めてCDを上回る売上を記録した翌年、レコードは全物理音楽売上の58.2%を占め、2022年の55.4%からさらに前進した。

0 comments:

コメントを投稿