Divorce  今年最初のシングル「Gears」をリリース キャサリン・マークスがプロデュース

 


イギリスのインディーロックバンド、ディヴォース(Divorce)は、2024年最初のシングル「Gears」で、絶賛されるキャサリン・マークス(ボーイジーニアス、フォールズ、ウルフ・アリス)のプロデュースにより、ギアをハイ・ギアに入れる。


この新曲は、彼ら最大のUKヘッドライン・ツアーを含む、一連のエキサイティングな発表と同時に到着した。彼らの落ち着きのない精神に忠実な「Gears」は、複数のアイデンティティと責任を両立させることの難しさを掘り下げている。

 

曲自体もこの二面性を反映しており、ソフトでメロディアスなサウンドスケープから始まり、よりジリジリと激しいものへと変化していく。

 

リード・シンガーでギタリストのフェリックス・マッケンジー=バローは、次のようにこの曲について説明している。

 

「『Gears』は、ロンドンに引っ越したばかりの頃、『ディヴォース』のバンド活動が増える中、とても長い時間働いていた時に書いた曲なんだ。仕事かライヴに明け暮れて、社会生活を維持することができなかったし、社会生活を維持するために必要な出費にもついていけなかった。この曲は、そんなフラストレーションから生まれたんだ」


「Gears」

0 comments:

コメントを投稿