ノラ・ジョーンズの『ヴィジョンズ』がビルボードのトップアルバムチャートの9位を獲得  ジャズアルバムチャートの首位を獲得



Billboardによると、ノラ・ジョーンズの『Visions』が、ビルボードのトップ・アルバム・セールス・チャート(3月23日付)で9位、ジャズ・アルバムとコンテンポラリー・ジャズ・アルバムの総合ランキングで1位を獲得した。ジョーンズにとってアルバム・セールス集計でのトップ10入りは8作目で、ジャズ・アルバムとコンテンポラリー・ジャズ・アルバムの両方で4作目の首位となった。


2013年12月、グリーンデイのビリー・ジョー・アームストロングとのコラボレーション・アルバム『Foreverly』が7位で初登場し、2014年1月に4位を記録して以来となる。


「Visions」の発売に先駆けてリリースされたシングル「Running」は、音楽ファンの間で好評となっている。アダルト・オルタナティヴ・エアプレイ・チャートで最高7位を記録し、2012年に「Happy Pills」が4位を記録して以来、10年以上ぶりとなる8度目のトップ10入りを果たした。


また、新トップアルバム・セールス・チャートのトップ10には、アリアナ・グランデ、ジューダス・プリースト、ザイカース、ブリーチャーズの最新作がランクインしている。


関連記事:


ノラ・ジョーンズ  最新作『VISIONS』についてLA TIMESに語る 

0 comments:

コメントを投稿