Wishy  デビューアルバム『Triple Seven』を発表 Winspearから8月16日にリリース

 Wishy releases debut album "Triple Seven"

 

Wishy

ニューヨークシティのWinspearは、Fire Talkと並んで注目すべきインディペンデント・レーベル。ベッドルームポップシンガーからポピュラーシンガー、オルタナティヴロックアーティストまで豊富なロースターを誇る。


複数のニューヨークの注目のミュージシャンが在籍しており、Lutalo,Daneshevskaya、先日アルバムを発売したAmy Oなど少数精鋭のラインアップを擁する。ウィンスピアは、The Lemon Twigs、Slow Pulpなどの有名バンドを過去に輩出した実績があり、若いミュージシャンやバンドの潜在的なポテンシャルを見出すことに定評がある。

 

レーベルが送り出すインディアナポリスのオルタナティヴロックバンド、Wishyに注目しておきたい。ロンドンのWhitelandsと並んで、要チェックの五人組グループ。彼らはシューゲイズギターとネオ・アコースティックの要素を織り交ぜて、ハートフルなギターロックワールドを提供する。

 

今年8月16日に発売予定のデビューアルバム『Triple Seven』はインディーロックファンにとって楽しみなリリースである。リッチ・スミスが監督したミュージックビデオと共に公開された最初のシングル「Love On The Outside」は昨年のEPのギターポップやシューゲイズの色合いの残しながらも、Saves The Dayの「Anywhere With You」を思わせる軽快なナンバーとなっている。このニューシングルの由来について、ケヴィン・クラウターは以下のように説明している。

 

「この曲は、物事の行く末が不確かな恋愛の、エキサイティングでもどかしい初期段階について歌っています 。天秤はどちらの方向にも傾く可能性があり、しばしば忍耐は薄れ始めることがある。時には誰かの肩を掴んで、"なあ、どうしたんだ、マジで!!"って言いたくなることもある。そういうメロドラマ的な軽い感じのエネルギーを曲に持ち込むのはとても楽しかったよ」

 


「Love On The Outside」
 



Wishyは、昨年末、EP『Paradise』をリリースし、徐々にコアなインディーロックファンの間で支持を獲得しつつある。インディアナポリスのハイスクールで出会ったケヴィン・クラウターとニーナ・ピッチカイツの書くロックソングは、アイルランドのMy Bloody Valentineのギタリスト、ケヴィン・シールズの繊細かつ大胆なギターロックの系譜に位置する。


トレモロアームを駆使したディストーションギターのトーンのゆらめきが、リスナーを夢見心地の世界へと導く。曲のアウトプットには、ネオ・アコースティック/ギター・ポップの影響があるらしく、Cocteau Twins、Pale Saintsに象徴されるドリーム・ポップのニュアンスも含まれている。また、The Go Betweensを彷彿とさせるキャッチーなポップネスも彼らの魅力だ。

 

 

 2nd Single 「Triple Seven」

©Alexa Viscius


インディアナポリスのインディーロックバンド、Wishy(ウィッシー)が、デビューアルバムのタイトル曲「Triple Seven」をリリースしました。この曲は、リード・シングル「Love on the Outside」に続く作品となっています。アメリカのHaoyanが監督したビデオは以下よりご覧下さい。


「彼がこの曲のギター・パートを持って来て、その上にメロディーと歌詞を書きたいかと聞いてきたので、私は友人のスティーヴ・マリノと一緒に'Triple Seven'を書いた」とバンドのニーナ・ピッチカイトは声明の中で説明している。

 

「サウンドと方向性については、ザ・サンデーズから多くのインスピレーションを得た。不確かさ、直感、個人的な成長が歌詞の中心的なテーマで、だからエンジェル・ナンバーは777なんだ」



「Triple Seven」

 

 

3rd Single  「Sick Sweet」

 

 

インディアナ出身のオルトロックバンド、Wishyが、Winspearから8月16日にリリースされるデビュー・アルバムの新曲「Sick Sweet」を公開した。

 

ソングライターのKevin KrauterとNina Pitchkitesによって2021年に結成されたWishyは、昨年「Paradise」EPをリリースした。デビュー・アルバム「Triple Seven」では、その才能が際立っている。


今日、バンドは「Sick Sweet」という形で、より大胆でアグレッシブなナンバーでありながら、初期の楽曲の気まぐれさとメロディックな遊び心を残した、新たなサインを披露している。


「この曲は、疑いや不安があるにもかかわらず、何かや誰かを欲しがり、それをやり遂げるためにすべてを賭けることを歌っている。オアシスのインタビューで、リアム・ギャラガーに、彼の歌詞は一般的にどんなことを歌っているのか訊ねたところ、"ただ生きている "とか "ただ頑張る "というような意味のことを言っていた。それがこの曲に込めたエネルギーなんだ」


ネイト・カーンが監督した「Sick Sweet」のミュージック・ビデオは、バンドがツアー中や、フロリダでのオフの日にビーチで過ごした時のエピソードが収められている。

 


「Sick Sweet」

   

 

Winspear 『Triple Seve』

Label: Winspear

Release: 2024/08/16


Tracklist:


1. Sick Sweet

2. Triple Seven

3. Persuasion

4. Game

5. Love On The Outside

6. Little While

7. Busted

8. Just Like Sunday

9. Honey

10. Spit