R.E.M  デビューEP『Chronic Town』の40周年を記念し、8月19日に米国で初めてCDとしてリリース

 



R.E.M.は、5曲入りデビューEP『Chronic Town』の40周年を記念し、8月19日にI.R.S./UMeから、米国で初めて単独CDとしてリリースします。

 

オリジナル・プロデューサーのMitch Easterによる詳細なライナーノーツが付されたこのプロジェクトは、ピクチャーディスク・ヴァイナルとカセットでも発売され、予約はこちらよりどうぞ。


『Chronic Town』は、1981年10月にノースカロライナ州ウィンストン・セーラムにあるイースターのドライブイン・スタジオでレコーディングされた。これは、R.E.M.のデビュー・シングル "Radio Free Europe" のリリースから数ヶ月後のことでした。このEPは、「Gardening at Night」、「Wolves, Lower」、「1,000,000」などの定番曲でR.E.M.の独特な初期のサウンドを広く世界に紹介し、1983年4月のフルアルバム『Murmur』のデビューに向けたステージを整えた。


「このレコードの音には、ある種の余裕と、ほとんどライブのような質があり、それが今となっては特に魅力的だ」と、イースターは新しいエッセイの中でChronic Townについて書いている。「R.E.M.の初期のサウンドが、スタジオの遊び心で少し強調されただけという感じだ。R.E.M.のレコードでChronic Townのようなものはないが、バンドの全キャリアを通じてその痕跡を聞くことができる」。


R.E.M.は、I.R.S.の重役、マイルズ・コープランド、ジェイ・ボバーグに促され、オリジナルのセッションから数ヶ月後にスローテンポで再レコーディングした「Wolves, Lower」で最初のミュージック・ビデオを撮影している。1988年のコンピレーション『Eponymous』では、「Gardening at Night」の初期バージョンと別テイクのボーカルが収録され、ようやく日の目を見ることになった。


R.E.Mのオリジナル・ドラマーのビル・ベリーは、2006年にリリースされた『And I Feel Fine ... The Best of the I.R.S. Years 1982-1987』のライナーノーツで「Gardening at Night」について、「とあるショーの後、(場所は覚えていないが)夜にドライブしていて、私はレンタル・トレーラーを牽引した古い車のハンドルを握っていた」と回顧する。「3人の同乗者のうち1人が私に指示を向けた。『夜のガーデニングをしよう』というのだ。20代前半の4人にとって、これは新曲を作る契機となったんだ」


『Chronic Town』は、1987年のレアリティ・コレクション『Dead Letter Office』に収録されるまでCD化されることはなかった。

 

1995年に英国で発売されたボックスセット『The Originals』には、『Murmur』と1984年の後続作『Reckoning』が収録されており、単独でCD化されたことがある。多くの曲は何十年もの間、R.E.M.のライブのレパートリーから消えていたが、「Wolves, Lower」、「Gardening at Night」、「1,000,000」、「Carnival of Sorts(箱車)」は2000年代の様々な時期に復活して、ダブリンで録音された2009年のアルバム『Live at the Olympia』に収録されていた。


既報の通り、R.E.M.のピーター・バックとマイク・ミルズは、最近、数十年ぶりにイースターとスタジオに入り、彼らのグループ、ベースボール・プロジェクトの最新アルバムに取り組んでいる。

0 comments:

コメントを投稿