CVC 『Real To Reel』EP

CVC  『Real To Reel』 EP

 




 

  Label: CVC Recordings

 Release:  2022年7月28日 


Listen/Stream

 

 

 

Review

 

「Real To Reel」は、ウェールズのカーディフ、ラグビー場とパブに象徴されるのどかな街から登場したインディーコレクティヴ・CVCの記念すべきデビューEPとなります。レコード盤は9月に発売となるようです。


このEPが発表される以前、 先行シングルとして「Docking Party」「Winston」の二曲が公開されていますが、このバンドは、この二作で高い潜在能力を示しており、ジャズバンドのような華やかさ、明るさ、オーディエンスを巻き込んでいくような強いエネルギーを擁しています。

 

CVCは、プレスリリースを通じて、「60−70年代のシンプルなロックンロール、ザ・ビートルズ、ニール・ヤング、ビーチ・ボーイズを始めとする古典的なロックサウンドに聴いて育った」と説明しています。それらのクラシックな大衆音楽の影響からか、ヴォーカルは、ジョージ・ハリソンを思わせるワイルドさがあり、楽曲もまたビートルズ中期のようにファンタジック。このバンドは、『サージェント・ペッパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド』のアートワークから、そっくりそのまま現実世界に飛び出てきたようなユニークなコレクティヴと言えそうです。


もちろん、実際のサウンドアプローチについても、その期待に違わず、ビートルズの楽しく華やかなリバプールサウンドを現代的なファンクやエレクトロの要素を交えて再現しています。このEPに収録された4つのシンプルで迫力満点の楽曲には、ダンスの要素の色濃い原始的なロックンロール、チェンバーポップ、ジャズ、サイケデリックソウル、ファンク、さらに、ザ・ビートルズのミュージカルのようなダイナミックな変拍子を交えたロックサウンドが提示されている。さらに、コレクティヴの生み出すダンサンブルな演奏は、鮮やかなエナジーによって強固に支えられています。

 

現代のサブスクリプション隆盛の時代の資料的に音楽を大量に聴く風潮の中にあって、ウェールズのインディーコレクティヴ・CVCは、その流れとは逆のスタンスを取り、影響を受ける音楽を最小限に絞り、さらに集中的にその音楽に取り組むことで、シャープでソリッドな楽曲を生み出しています。全4曲収録の『Reel to Real』で、彼らは自分たちのやりたい音楽を絞り、それを実際のライブセッションを通じて追求することで、わかりやすい形のアート・ロックを提示しています。そこには刺激的なノリを生み出す曲もあり、バラードのようにクールダウンをもたらす曲がバランス良く収録されています。これは、ワイト島のデュオ、Wet Legと同じように、ウェールズのカーディフという街が生み出した固有のアートロックと言えるかもしれません。

 

CVCのデビューEP『Reel To Real』に見られる、トレンドに迎合することなく、自分たちの好きな音楽を追求し、良さを引き出していこうという姿勢は、現今のミュージックシーンを見渡した際に新鮮さが感じられる。また、CVCのファンクの要素の強いダンサンブルな演奏は、心から人生を謳歌しようという楽しい雰囲気に満ち溢れています。それは、聞き手に対し、鮮やかな印象を投げかけ、同じように、聞き手の心を照らし、明るさを与え、喜びを引き出し、生きていることへの肯定感を与えるものであると思います。ウェールズから登場したクラシカルな雰囲気を持つロックバンド・CVCは、現在、最注目すべきコレクティヴであり、今後、世界的な活躍を期待していきたい。さらに、デビュー・アルバムの到着も心待ちにしたいところです!!

 

 Rating:86/100

 

 

Featured Track 「Docking The Pay」

 

0 comments:

コメントを投稿