トム・スキナー  ソロ・アルバム『Voices Of Bishara』を11日4日にリリース


昨年まで、トム・スキナーはSons Of Kemetのドラマーとして、またロンドンのクリエイティブなジャズシーンで最も多作なミュージシャンの一人として知られていました。この1年ほどの間に、スキナーはさらに有名になった。彼はRadioheadのThom YorkeとJonny Greenwoodと共にSmileを結成し、そのバンドは素晴らしいデビューLP 「A Light For Attracting Attention」をリリースしました。(Skinnerは今日リリースされたばかりのBeth Ortonのニューシングル "Fractals "にも参加している)。そして今、スキナーはその作品に続いて、自身のニューアルバムを発表する。


この秋、トム・スキナーは新しいソロ・アルバムをリリースすると発表しました。『Voices of Bishara』は11月4日にNonesuch/International Anthem/Brownswoodからリリースされます。


スキナーは、シャバカ・ハッチングス、ヌビヤ・ガルシア、カリーム・デイズ、トム・ハーバートなど、ジャズ界の大物ミュージシャンとともに、このアルバムをレコーディングしている。スキナーは、オープニングトラック「Bishara」を公開しました。


この曲は、ムーディーに始まり、途中でフリージャズ性が一挙に噴出し、その緊張を解き放つものです。


アルバムタイトルは、チェリストAbdul Wadudの1978年のソロアルバム『By Myself』にちなみ、WadudのレーベルBisharraからプレスされ、アラビア語で「良い知らせ」「良い知らせの持ち主」という意味だそうです。


"このレコードは、不正直さと偽情報が増加する時代に、コラボレーションとコミュニティを通じて、何か真実のものを世に送り出す試みである "と、トム・スキナーは声明で述べています。


「ビシャラは良い知らせをもたらす人という意味であり、このアルバムに参加するミュージシャンは私にとって非常に大切な人たちだ。私たちはこの考えに敬意を表し、暗闇が広がっているところに集団で光を広げるつもりでいる」


以下より、「Bishara」の試聴と、アルバムのトラックリストをご覧ください。










TRACKLIST:


01 “Bishara”
02 “Red 2”
03 “The Journey”
04 “The Day After Tomorrow”
05 “Voices (Of The Past)”
06 “Quiet As It’s Kep


Voices Of Bisharaは11/4にNonsuch/International Anthem/Brownswood Recordingsからリリースされます。

0 comments:

コメントを投稿