Bad Bunny 2022年度のApple Musicのアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選出

 


Bad Bunnyが2022年度のApple Musicのアーティスト・オブ・ザ・イヤーに選出されました。


主な受賞理由は、2022年におけるこのミュージシャンの芸術的卓越性とグローバルカルチャーへの影響力を認めたとのことです。


5月にリリースされた、このアーティストにとって4年ぶり6作目となるプロジェクト『Un Verano Sin Ti』は、Apple Musicで2022年に最もストリーミングされたアルバムであり、現在、史上最大のラテン・アルバムとなっています。


アップルのApple MusicおよびBeats担当副社長であるオリバー・シュッサーは、「2022年に文化の隅々にまで影響を及ぼしたバッド・バニーの功績を称えることができて感激している」と述べています。


「バッド・バニーが2018年のApple Music Up Nextアーティストから今年の我々のアーティスト・オブ・ザ・イヤーに昇格するのを見るのは、並外れたとしか言いようがありません。私たちは、彼の記録的な1年と、世界中の大勢のオーディエンスにラテン音楽を届け続けていることを祝福します。」


「私が始めたとき、私はグローバルなファンベースを持っていませんでした。" Bad Bunnyは、本日公開された独占フィルムでApple Musicに語りました。


「自分が成し遂げたこと、経験したこと全てに感謝している。ラテン音楽のムーブメントはとても大きくなった。私は決して自分の手柄にしたり、『私のおかげです』とは言いません。いや、私たち一人一人のおかげです。世代を超えた。僕らのエネルギーと存在は常に感じられるんだ。」


Bad BunnyはApple MusicのLa Formulaプレイリストを占領し、Myke Towers、Rauw Alejandro、Mora、Jhaycoなどのお気に入りの楽曲を紹介している。ラジオ局のApple Music 1でも、新しいスペシャル番組、アーカイブ番組、キャリア初期のインタビュー、プレイリストなど、バッド・バニーを祝う企画が行われています。


Bad BunnyのMoscow Muleは、Apple Musicにおける全世界の初日ストリーミング数で、史上最大のラテン曲の記録を保持しています。


Bad BunnyはDaily Top 100: Globalで22曲を記録し、ラテン系アーティスト1人による最多同時エントリー記録を更新しています。また、ラテン系アルバムの初日ストリーミング数で1位、2位、3位を獲得しています。


0 comments:

コメントを投稿