Satomimagae デビュー・アルバム「Awa」の10周年記念リイシューを発表

Satomimagae-The Courtesy Of The Artist


Satomimagaeが、デビュー・アルバム『Awa』の10周年記念リイシューを発表しました。この度、10年前に自主制作したものをアートワークを一新し、再編集盤として発売されることになった。


2023年2月3日にRVNG Intlからリリースされるアルバム『Awa』は、数曲のボーナストラックと新しいアートワークとパッケージで再発される。昨日、彼女は先行シングル「Inu」の新しいビデオを公開しました。以下、チェックしてみてください。


「この曲のタイトルである "Inu "は日本語で "犬 "という意味。怖いもの/避けたいものの象徴であると同時に、受け入れたいもの、友達になりたいものの象徴でもある」とSatomimagaeはコメントしている。

 

 

「Inu」 

 



Satomimagae 『Awa』 Reissue

 


Label: RVNG

Release: 2023年2月3日


Tracklist:


1. #1

2. Green Night

3. Inu

4. Q

5. Koki 

6. Mouf

7. Hematoxylin

8. Bokuso 

9. Tou

10. Kusune

11. Riki

12. Kaba

13. Hono 

14. Beni.n 

15. Hoshi

16. Mouf Remix

 

 

 

 

 

Satomimagae  -Biography-


東京を拠点に、ギター、声、ノイズのための繊細な歌を紡ぎ、有機と機械、個人と環境、暖と冷の間で揺らめく変幻自在のフォーク系統を伝播するサトミマガエ。最新作は、RVNG Intl.から初のリリースとなる「HANAZONO」。

 

石や川や風から受ける純粋で私的な驚きという日常の神秘主義へのオマージュとして、彼女は自由な遊びとアンサンブル音楽への関心と孤独な音作りの私的世界を融合させ、シンプルさと複雑さを兼ね備えた、まさに無垢な芸術の生物圏というべき作品を作り上げた。



Satomiの芸術的な旅は、中学生の時にギターに出会った時代に遡る。父親がアメリカから持ち帰ったテープやCDのカプセルに入った古いデルタブルースの影響もあり、すぐにこの楽器に夢中になり、10代で曲作りの実験に取り掛かった。

 

コンピュータを導入したことで、より多くの要素を取り入れることができるようになり、まもなくソロ活動もアンサンブルを愛するようになる。大学では分子生物学を学びながらバンドでベースを弾き、様々な音の中に身を置くことに憧れ、自然やそこに生息する生き物への情熱と交差する。



この頃、アンビエント・ミュージック、エレクトロニック・ミュージック、テクノなど、より実験的でヴォーカルを排除した音楽に傾倒し、リスナーの幅を広げていく。サンプラーを手に入れ、クラブやカフェでソロライブを行うようになり、自分の声やギターの演奏に、追加楽器として考えたノイズを重ね合わせるライブを行うようになる。Satomimagaeは、彼女の特異なフォークトロニックの反芻を通じた公式キャラクターとなった。


0 comments:

コメントを投稿