Kim Gordon  新作アルバム『The Collective』をマタドールから3月8日にリリース

 

©Danielle Neu

元ソニック・ユースのKim Gordon(キム・ゴードン)がセカンド・ソロアルバム『The Collective』を発表した。2019年の『No Home Record』に続くアルバムは、3月8日にマタドールからリリースされる。このアナウンスと同時にゴードンは、3月21日のヴァージニア州バーリントンでのライブを皮切りに、「The Collective」到着前後に6回のライブの開催を告知している。

 

キム・ゴードンはプロデューサー、ジャスティン・ライセン(リル・ヤッティー、ジョン・ケイル、ヤー・ヤー・ヤーズ、チャーリーXCX、イヴ・トゥモア)とのコラボレーションを継続し、アンソニー・ポール・ロペスのプロデュースも加わっている。

 

「BYE BYE」のミュージックビデオは、ココ・ゴードン・ムーアが主演し、写真家で映像作家のクララ・バルザリーが監督、クリストファー・ブラウベルトが撮影を担当した。マタドールによるプレスリリースは下記の通り。

 

ーキム・ゴードンの『No Home Record』には空間があった。家でもレコードでもなかったかもしれないが、空間があったように記憶している。


大通り、寝室、楽器が演奏され、録音され、声とその発声が、それらの空間を通り抜けようとしていた。


私たちは、そこで出会い、ギターが鳴り、シンバルの音が鳴り響き、音楽を奏でた。私たちは耳を傾け、壁に背を向け、夜の街をそぞろ歩いた。

 

キム・ゴードンの言葉が私たちの耳に、彼女の目が、彼女が見ていた、彼女が知っていた、彼女が覚えていた、彼女が好きだった。私たちはどこかに移動していた。家の記録はない。引っ越しだ。


今、私は『The Collective』を聴いている。次いで考える。この空間はどうしてこうなったのか? そして彼女はどう扱ったのか?  

 

それは分裂し、きらめき、墜落し、燃えた。ここは暗い。目を開けたまま君を愛せるか? 身体のない合成音声に取り憑かれる。

 

投影の飛行機・・・。鏡はあなたの銃を奪い、曲のエコーは、限界にありながら、決して行き場を失わず、その雰囲気の一部ともなり、彼女をして言わしめるように、「フェードインとフェードアウトを無限に繰り返す」。我らそのものを削り、刳り取る。傷つけ、そして削り取る。記録された放射の堆積物・・・、層・・・、採掘・・・、ねじれ・・・、屈折・・・。それらすべてがこの音楽を構成している。 ーMatador

 


アルバム発表と合わせて公開された「BYE BYE」は、新作のリードシングルであるにとどまらず、ゴードンにとってソロ・プロジェクトがどのような意味を成すのかを示唆している。空間を引き裂くかのような苛烈なノイズを聴けば、このプロジェクトが単なる思い出づくりでもなければ、過去に関する甘い回想ではないことは瞭然だ。そして、それはジョン・ケールが最新のソロ・アルバムで示したように、現代のニューヨークの最もアバンギャルドなアプローチでもある。

 

写真家で映像作家のクララ・バルザリーが監督、クリストファー・ブラウベルトが撮影を担当したミュージックビデオは下記より。

 

 

「BYE BYE」




Kim Gordon 『The Collective』


Label: Matador

Release: 2024


Tracklist:


1. BYE BYE

2. The Candy House

3. I Don’t Miss My Mind

4. I’m a Man

5. Trophies

6. It’s Dark Inside

7. Psychedelic Orgasm

8. Tree House

9. Shelf Warmer

10. The Believers

11. Dream Dollar

 

Pre-order:

 

https://kimgordon.ffm.to/thecollective 

 

 

 

・ Kim Gordon " The Collective Tour"


 
・3/21 Higher Ground, Burlington VT
・3/22 Black Cat, Washington DC
・3/23 Knockdown Center, Queens NY
・3/27 Regent Theater, Los Angeles CA
・3/29 Ventura Music Hall, Ventura CA
・3/30 The Fillmore, San Francisco CA

 

0 comments:

コメントを投稿