ボブ・マーリーの伝記映画『One Love』が初公開からわずか10日間で全世界で1億110万ドルの興行収入を記録


パラマウント配給のボブ・マーリーの生涯を描いた『Bob Marley:One Love』の興行成績は上々のようだ。この伝記映画は、北米で6,140万ドル、59の海外地域から3,970万ドルを含む、初公開からわずか10日間で全世界で1億110万ドルの興行収入を記録した。


「One Love』は公開2週目の週末、金曜日に370万ドルの興行収入をあげ、国内チャートで首位をキープした。海外では、木曜日に330万ドルを追加し、今週末新たに8つの市場に進出した。


ボブ・マーリーの2月14日のバレンタインデーに公開された 「One Love」は、予想を上回るデビュー興行収入で、従来の週末で2,860万ドル、6日間の連休で5,200万ドルを記録した。この伝記映画は批評家からは平凡な評価(ロッテン・トマトでは平均42%)を受けたが、初期の観客からはシネマスコア「A」を獲得した。「One Love」の製作費は7000万ドル。


 キングスレー・ベン=アディールがボブ・マーリーを演じ、ラシャナ・リンチが妻のリタ・マーリー役で共演している。ライナルド・マーカス・グリーンが監督したこの映画は、1970年代半ばのアフリカとヨーロッパでのツアーから、彼の画期的なアルバム『Exodus』の制作まで、マーリーの革命的な音楽の背後にある旅を描いている。


ジャマイカ人ミュージシャンの息子、ジギー・マーリーは声明の中で次のように述べている。「『ボブ・マーリー』への素晴らしい反響に、家族と私は光栄に思っています。父の音楽同様、この映画は人々のためのもので、父の平和、愛、団結のメッセージは世界中の観客と明らかに結びついている。この映画を受け入れ、そうすることでひとつの愛のメッセージを強調する手助けをしてくれた人々に感謝します」


さらに『One Love』はイギリスの映画館で興行的ヒットを記録している。この音楽ドラマはアルバム・チャートとシングル・チャートにも影響を与えた。


「One Love』は公開2週目の週末、金曜日に370万ドルの興行収入をあげ、国内チャートで首位をキープした。海外では、木曜日に330万ドルを追加し、今週末新たに8つの市場に進出した。


ボブ・マーリーの2月14日のバレンタインデーに公開された「One Love」は、予想を上回るデビュー興行収入で、従来の週末で2,860万ドル、6日間の連休で5,200万ドルを記録した。


カタログの主な収穫は、今年40周年を迎えるボブ・マーリー・アンド・ザ・ウェイラーズのヒット曲集『Legend』(タフ・ゴング/アイランド)である。


アラン・ジョーンズによるミュージック・ウィークのチャート分析で明らかになったように、「Legend」は前週比57.2%増の7,377枚を売り上げ、最新チャートで18位から6位に上昇した。週間消費枚数の内訳は、フィジカル・コピー1,471枚、ダウンロード421枚、売上に相当するストリーミング5,485本で、ザ・ウィークエンド、ノア・カーン、カニエ・ウェスト&タイ・ダラー・サインに次いで4番目に多い。レジェンド・アルバムは現在6週連続で上昇中で、184週ぶりにトップ10に返り咲いた。


このベスト盤は、過去40年間(26年以上)1366週という驚異的なチャートの中で12週1位を獲得している。


最近では、カタログ・ストリーミングの常連となっている。レジェンドは昨年、116,287枚(フィジカル盤19,715枚、ダウンロード盤2,151枚、ストリーミング盤94,421枚を含む-オフィシャル・チャート・カンパニー調べ)を売り上げ、全英アーティスト・アルバム・ランキングで総合49位となった。レジェンドの1994年以降の売上は3,128,014枚で、14回のプラチナ認定を受けており、過去40年間で420万枚以上を売り上げたことになる。


一方、ボブ・マーリーの9枚目のスタジオ・アルバム『エクソダス』(映画で使用された楽曲の多くを提供)は、36位(売上枚数3,002枚)でチャートに返り咲いた。1977年のチャート初登場で8位を記録し、2007年に30周年記念スペシャル・エディションによって44位を記録して以来、トップ75からは遠ざかっていた。


『エクソダス』はマーリーにとって最も人気のあるスタジオ・アルバムで、カンター(ミルウォード・ブラウン)のチャート時代(1994年以降)の過去30年間の消費枚数は513,322枚。1978年の『Kaya』(売上280,046枚)と1973年の『Catch A Fire』(売上123,001枚)といった記録に相当する。

0 comments:

コメントを投稿