【John Grant】 Bella Unionから6月14日に新作アルバム『The Art Of The Lie』をリリース

 


ジョン・グラント(Joh Grant)がニューアルバム『The Art of the Lie』を発表し、ディスコポップ風の軽快なファーストシングル「It's a Bitch」をリリースし、同時にミュージック・ビデオを公開した。新作『The Art of the Lie』はベラ・ユニオンから6月14日にリリースされる。

 

ジョン・グラントは米国の歌手であり、かつてオルタナティヴロック・バンド、ザ・ザーズの創設メンバーでもあった。現在はリードシンガー、ピアニスト、ソングライターとして活動している。ソロシンガーとしては着実に実績を積み重ねている。ソロデビューアルバム『Queen of Denmark』(2010年)はMojo誌の年間ベストアルバムに選ばれた。続くセカンドアルバム『Pale Green Ghosts』(2013年)はRough Trade誌の年間のベストアルバムに選ばれた。

 

3rdアルバム『Grey Tickles, Black Pressure』(2015年)は広く批評家の称賛を受け、全英アルバム・チャートで5位を記録、4thアルバム『Love Is Magic』(2018年)は全英トップ20入りを果たした。

 

5枚目のアルバム『Boy from Michigan』(2021年)も絶賛された。また、ライヴ・アルバム『John Grant and the BBC Philharmonic Orchestra』をリリース: ライブ・イン・コンサート』(2014年)では、BBCフィルハーモニー管弦楽団の伴奏で、最初の2枚のアルバムからの曲を演奏した。


ジョン・グラントはこのアルバムでプロデューサーのアイヴァー・ゲストと仕事をした。2人の出会いのきっかけは、グレース・ジョーンズがキュレーションし、ゲストがプロデュースした「メルトダウン・フェスティバル」にグラントが出演したことだった。ゲストはジョーンズの『ハリケーン』とブリジット・フォンテーヌの『禁酒法』をプロデュースした。「グレースとブリギットは、私にとってとても大きなアーティストです。彼が彼らのために作ったアルバムが大好きだ。ハリケーンはグレースのカタログの中で欠かすことのできない作品なんだ」


このことがきっかけで、グラントはゲストに一緒に仕事をすることを提案した。「私は言ったんだ。彼は『君の言う通りだ』と言った」とグラントは言う。


プレスリリースでは、このアルバムをローリー・アンダーソン、『アート・オブ・ノイズ』、ヴァンゲリスの『ブレードランナー』のサウンドトラック、そして "ジョン・カーペンターもメンバーだったらカーペンターズ "に例えている。


アルバムのタイトルとそのテーマは、現在の政治情勢にインスパイアされている。ドナルド・トランプの自伝的な著書『The Art of the Deal』は、今やMAGAの弟子たちの間では単なる聖書の一冊に過ぎず、トランプ自身は天から遣わされた救世主のようにと見なされることもある。なぜなら、神はあなたが金持ちになることを望んでいるからです」とグラントは説明する。「このアルバムは、人々が信奉する嘘と、その嘘がもたらす心の傷について描いたものでもある」


「It's a Bitch」

 

 

John Grant 『The Art Of Lies』

Label: Bella Union

Release: 2024/06/14


Tracklist: 

1. All That School For Nothing


2. Marbles


3. Father


4. Mother and Son


5. Twistin Scriptures


6. Meek AF


7. It’s a Bitch


8. Daddy


9. The Child Catcher


10. Laura Lou


11. Zeitgeist

 

Pre-order::

https://johngrant.ffm.to/theartofthelie 

0 comments:

コメントを投稿