ピンク・フロイド、新作7インチ「Hey Hey Rise Up」のCD/LPバージョンがリリース決定

 




ピンク・フロイドは、4月に25年ぶりの新曲「ヘイヘイ・ライズアップ」をデジタル配信として発表しました。これは当初、デジタルのみのリリースでしたが、今回、新曲は7インチレコードとCDシングルとして、イギリス、ヨーロッパなどで7月15日に発売されることが決定。日本では、8月3日に発売される。続いて、北米、カナダ、オーストラリア、メキシコでは、10月21日に発売される予定です。


シングルのB面には、Pink Floydの1994年のアルバム『The Division Bell』に収録されている「A Great Day For Freedom」を、David Gilmourがこの曲のオリジナルテープをもとに再構築したバージョンが収録される予定です。


『Hey Hey Rise Up』は、2022年3月にレコーディングが行われた。ディヴィッド・ギルモア、ドラマーのニック・メイソン、ベーシストのガイ・プラット、キーボーディストのニティン・ソーニーに加え、ウクライナのバンドBoomboxのシンガー、アンドリー・クライヴニュークがレコーディングに参加している。ウクライナ首都、キエフのソフィスカヤ広場で愛国的なウクライナの歌「The Red Viburnum」を歌うKhlyvnyukの歌声が聴けます。


ウクライナ人の家族を持つピンク・フロイドのギタリスト、デイビッド・ギルモアは、声明の中で、バンドがこの曲をリリースしたのは、ロシアの同国への侵攻に注意を喚起し、資金調達を行うためであり、この曲の収益はすべて、ウクライナの人道支援に寄付されると説明している。


「私たちはウクライナへの支援を表明し、そうすることで、ウクライナのような独立した民主国家を侵略するのは超大国として全く間違っていると世界のほとんどの人が思っていることを示したい」とギルモアは語っている。


"我々は、多くの人々と同様に、独立した平和な民主主義国家が世界の大国の1つによって侵略され、国民を殺害されるという卑劣な行為に怒りと不満を感じている。"


3月、ギルモアとピンクフロイドは、ウクライナへの支援を示すため、ロシアとベラルーシのストリーミングサービスから楽曲を削除した。"ロシア兵よ、兄弟を殺すのをやめろ。この戦争に勝者はいない」とデヴィッド・ギルモアは当時コメントしている。 

 

 

 



Pink Floydは今年7月にワーナー・レコードから「Hey Hey Rise Up」のシングルバージョンをリリースしています。

 

 

Pink Floyd 「Hey Hey Rise Up!(feat.Andriy Khlyvnyuk of Boombox)」 Single



Tracklist:

1. Hey Hey Rise Up
2. A Great Day For Freedom

 

 

Listen/Stream:

 

https://pinkfloyd.lnk.to/HeyHeyRiseUp





0 comments:

コメントを投稿