Dry clearning 2ndアルバム「Stumpwork」を10月21日にリリース

 

Dry Cleaning Credit: Ben Rayer


UKのポスト・パンク・バンド、ドライ・クリーニングが、昨年絶賛された『ニュー・ロング・レッグ』に続く2ndアルバムを発表した。

 

Stumpworkは10月21日にリリースされ、リード・シングル「Don't Press Me」はPeter Millardが制作したアニメーション・ビデオとともにリリース済みです。


プロデューサーのJohn ParishとエンジニアのJoe Jones(New Long Legにも参加)と共に録音されたStumpworkのアルバムとシングルのアートワークは、様々な分野のアーティストRottingdean Bazaarと写真家のAnnie Collingeが手がけています。

 

シンガーのフローレンス・ショーは、この曲について以下のように説明しています。

 

「ゲームの楽しさと、強烈で短時間の罪悪感のない体験の楽しさ」について歌っていると語っています。彼女は詳しく説明する。"サビの言葉は、あなたはいつも私と戦っている/あなたはいつも私にストレスを与えている”と自分に向かって歌う歌を作ろうとしたことから生まれました」 

 

 

2ndアルバム『Stumpwork』は、2021年末に、ウェールズの田園地帯に戻り、再びジョン・パリッシュとエンジニアのジョー・ジョーンズとタッグを組み製作されました。

 

同じスタジオ、同じチームと深い信頼関係を築いたことで、インポスター症候群(*自分の能力や実績を認められない状態)と不安感は、自由へと変換され、すでに豊かだった彼らの音のパレットをさらに探求し、自分たちのクリエイティブなビジョンにさらなる自信をつけることができた。新作は様々な出来事や概念、政治的混乱からインスピレーションを受けている。今回もシュールな歌詞が前面に押し出されていますが、家族や、金、政治、自虐、官能といったテーマに対する感受性も新作では高まっています。

 

作品全体に渡り、激しいオルタナ・ロックのアンセムがジャングル・ポップやアンビエント・ノイズと融合をはたし、バンドが受けてきた影響の豊かさと彼らの音楽に対する深い造詣として表れています。 


アルバムとシングルのアートワークは、他分野で活躍するアーティスト・デュオであるロッティングディーン・バザール(Rottingdean Bazaar)と写真家のアニー・コリンジ(Annie Collinge)によって考案・制作されました。

 

本作の日本盤CDには、解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックが追加収録されます。

 

 

 

 

Dry Cleaning 「Stumpwork」

 


Label: Rough Trade

Release:2022年10月21日


Tracklist


1.Anna Calls From the Arctic
2.Kwenchy Kups
3.Gary Ashby
4.Driver’s Story
5.Hot Penny Day
6.Stumpwork
7.No Decent Shoes for Rain
8.Don’t Press Me
9.Conservative Hell
10.Liberty Log
11.Icebergs


pre-order :

https://drycleaning.plctrmm.to/stumpwork

0 comments:

コメントを投稿