The 1975 アルバムのタイトル、収録曲、歌詞の一部を公開

 



今月初め、The 1975は5枚目のアルバムを確認し、「7月7日を(アルバムに)先駆けてバンドにとって重要な日としてマークした」と述べた。そしてバンドはファンにポストカードを送り、このアルバムが外国語でbeing funnyと呼ばれることを明らかにし、トラックリストも明らかにした。他の1975のアルバムと同様、同名のイントロ・トラックで幕を開け、今作は11曲のみ収録されており、これまでの1975のアルバムとしてはこれまでで最も少ない曲数となっている。トラックリストは以下でご確認ください。


また、7月7日がリード・シングル「パート・オブ・ザ・バンド」の発売日であることを確認し、同曲の歌詞をSNSに掲載したが、その歌詞の内容は次のようなものである。



彼女は空軍の一員だった

僕はバンドの一員だった

僕はいつも彼女の手の中にいた

想像の中で

最高の人生を送っていた

両親と一緒に暮らしていた

懺悔や罵詈雑言の前に

キャンセルをした


ある男の子に恋をして

それはちょっとダサかった

私はランボーで、彼はポール・ヴェルレーヌだった

私の想像の中で

ヘロインの中毒でたくさんのヒヤヒヤしたこと

私は蝶番から外れていた

想像の縁で生きていた


私のことはもういいよ

あなたは人々のことを話さなければならない、ベイビー


今、俺は家にいる - 好きでもない場所で

バイクから物を食べる

彼女のそっくりさんに会いに行く


I can't get the language right

何が女性らしくないのか言ってくれよ


トートバッグのバリスタが東に座って、自分の射精について書いているのを知っている。


コーヒーが好きなように、男も好きだ。豆乳たっぷりで甘くて、誰も怒りゃしないし、The Nationのページを汚すこともない。


ザナックスとニューポート

「私は子供の世話をする」と彼女は言った。


私たちの中にある最悪のものが、インターネット上でその感情を生み出す。

まるで誰かが意図したかのように

ダイヤの原石がダイヤの無精ひげを生んだ


私は皮肉にも目覚めたのか? はたまた冗談のネタにされたのか? それとも僕はただのコカイン中毒の平凡な痩せっぽちの男で、自分のエゴを妄想と称しているだけなのだろうか?


1,400日と9時間16分の間、それを拾ってないんだ、ベイビー、それは僕の毎日の繰り返しのようなものなのさ。








Tracklist



‘The 1975’
‘Happiness’
‘Looking For Somebody (To Love)’
‘Part of the Band’
‘Oh Caroline’
‘I’m In Love With You’
‘All I Need To Hear’
‘Wintering’
‘Human Too’
‘About You’
‘When We Are Together’


 

0 comments:

コメントを投稿