なぜデヴィッド・バーンは再結成という概念を嫌うのか?


 デヴィッド・バーンは、現代において最も重要なミュージシャンの一人です。彼は後進のアーティストに模範的な姿勢を示してきた真のイノベーターであり、彼の作品に出会ったすべての発展途上のミュージシャンに素晴らしいインスピレーションを与えている。アーティストとして、彼のタップは常に流れており、現在活動している中で最も疲れを知らずのクリエイターでもある。


デヴィッド・バーンは、ニューヨークのニューウェーバーのパイオニアであるトーキング・ヘッズのフロントマンであり原動力として有名である。バンドでは、同じく尊敬するティナ・ウェイマス、クリス・フランツ、ジェリー・ハリソンとともに、かつてないほどの刺激的なノイズを生み出してきた。シンコペーションが効いた爽快なサウンドは、今後のすべてのオルタナティヴ・アクトの水準を引き上げることになった。



トーキング・ヘッズの創造的なビジョンは、音楽界のトップに君臨するブライアン・イーノの知性によって大いに豊かにされたことは特筆に価するだろう。イーノは、1978年の『More Songs About Buildings and Food』、1979年の『Fear of Music』、1980年の『Remain in Light』という3枚のトーキング・ヘッズの名盤の制作を促進させた人物である。



この提携は、ロック史上最も豊かなものであったことが証明された。この3枚のアルバムがリリースされた後、主にフェラ・クティ風のダイナミクスを流用したおかげで、彼の作品はより啓発された状態で残された。


しかし、デヴィッド・バーンがその卓越した才能を発揮したのは、トーキング・ヘッズだけにとどまらない。近年では、ミツキやX-PRESS 2など、様々な若いアーティストとコラボレーションを行い、後者によるヒット曲「Lazy」はハイライトのひとつに過ぎない。デヴィッド・バーンは、そのキャリアの中ですべてをやり遂げただけでなく、そのクリエイティビティーは衰える気配がない。


デヴィッド・バーンはその高い創造性において比類なく、一貫して進化し続ける彼のキャリアは、現在も驚異的な上昇軌道をたどっている。ブロードウェイ・ショーからビル全体のインフラを楽器に変えるプロジェクトまで、彼の作品には数え切れないほどの斬新かつ空前絶後のプロジェクトが含まれている。お金や名声のためではなく、「好きだから音楽を作る」というストイックかつシンプルな姿勢が、長年にわたって数知れないファンを魅了してきたわけです。


そんなバーンさんですが、多くのファンが何よりも望んでいるのは、トーキング・ヘッズの再結成でしょう。2002年のロックの殿堂入りを記念しての再結成を最後に、ダイナミックなニューウェーバーが一緒にステージに立ってから20年が経つ。バンドの再結成を望む声はかつてないほど強まっているようだ。


バンド内の複雑な人間関係も再結成を断念した大きな要因に挙げられるが、デヴィッド・バーンはバンドの再結成とそれがしばしばもたらす悪弊を彼は軽蔑しきっており、そのことがリユニオンを遠ざける決定的要因ともなっている。彼は、2018年にローリング・ストーン誌の取材で再結成を嫌う理由を次のように明かしており、彼の話を聞くかぎりにおいては、ティナ・ウェイマスとCo.に参加することはなさそうである。


"他の人たちがリユニオンする時にどうなるかを傍らから見て来ている"と、彼はインタビューで説明している。"2度目の再結成、3度目の再結成という具合になる。…でも、多くの(他のバンドの)再結成では、新しいことを何も言わないように見えるし、"OK、これは単なるノスタルジアの練習のようなものだ "と言うんだろう。僕は初っ端からそんなことに興味はないんだ」

0 comments:

コメントを投稿