The Menzingers 7thアルバム『Some of It Was True』をエピタフから10月13日にリリース

©Danielle Dubois

 

アメリカ/ペンシルバニア発のパンクロックバンド、ザ・メンジンガーズ(The Menzingers)が7枚目のアルバム『Some of It Was True』をEpitaphから10月13日にリリースすると発表しました。Social Distortion、Samiamあたりの渋いメロディック・パンクが好きな人におすすめのバンド。

 

このアルバムは、テキサスのソニック・ランチ・スタジオでブラッド・クックがプロデュースし、過去にコラボレートしたジョン・ロウがミックスを担当。最近のシングル「There's No Place In This World for Me」と新曲「Hope Is a Dangerous Little Thing」が収録されている。以下のビデオをチェック。


「アルバムは、ホテル、楽屋、地下室、リハーサル室で2年半かけて書かれた。南部にある人生を変えるような隠れ家でレコーディングされた『Some Of It Was True』は、17年前にバンドを始めたときに目指したこと、つまり、楽しみながら自分らしくいることを最も実現したものだ」と、The Menzingersのヴォーカル兼ギタリストのグレッグ・バーネットは声明で述べている。


「ザ・メンジンガーズは本物だよ。彼らと仕事をするのはとても楽しかったし、何度も感動して泣いたね。彼らは芸術的な成長、そして互いに対して、私が新鮮で美しいと感じた方法で、本当に献身的だよ。私はもうライヴァーなんだ」

 

 

「Hope is a Dangerous Little Thing」

 



ザ・メンジンガーズがニューシングル「There's No Place In This World For Me」をリリースした。

 

彼らはこの曲を "今いる場所となりたい場所の間で行き詰まっている人たちのためのアンセム "と呼んでおり、彼らのトレードマークであるパンク・サウンドを、もう少し荒々しいアメリカーナの方向へと押し進めたものとなっている。

 

過去2枚のアルバムはペンシルバニアにあるウィル・イップのスタジオ4で制作されたが、今作はテキサスの有名なソニック・ランチ・スタジオでブラッド・クック(ワクサハッチー、ケヴィン・モービー)のプロデュースにより制作された。ミックスはジョン・ロウ(2014年の『Rented World』をプロデュース)が担当した。モノクロのビデオもソニック・ランチ周辺で撮影され、ブラッド・クックがかなり大きくフィーチャーされている。以下からチェックしてほしい。



10月18日に掲載されたMUSIC TRIBUNEのレビューはこちらよりお読み下さい。



The Menzingers 『Some Of It Was True』


Label: Epitaph

Releae: 2023/ 10/13

 


Tracklist:


1. Hope is a Dangerous Little Thing


2. There’s No Place in This World for Me

3. Nobody Stays

4. Some of It Was True

05. Try


6. Come on Heartache

7. Ultraviolet

8. Take It to Heart

9. Love at the End

10. Alone in Dublin

11. High Low

12. I Didn’t Miss You (Until You Were Gone)

13. Running in the Roar of the Wind 



0 comments:

コメントを投稿