Ezra Collective(エズラ・コレクティブ)、マーキュリー賞を受賞 ジャズバンドとして初の快挙


ジャズ・クインテットのEzra Collective(エズラ・コレクティブ)が、2ndアルバム「Where I'm Meant To Be」で2023年度のマーキュリー賞を受賞した。

彼等はMojo Magazineの寄稿者を始めとする権威ある賞の審査員と来場者に深い感銘を与え、ジャズ・アルバムとして初の受賞となった。またエズラ・コレクティブは昨年、ビルボードトーキョーで来日公演を行っている。


25,000ポンド(29,000ユーロ)の賞金は、昨年度のイギリス及びアイルランド圏で発売されたベスト・アルバムを称えるために対象者に授与される。新進気鋭の英国の才能を定期的に表彰するイギリス国内で最も権威ある賞のひとつである。これまで受賞作には、プライマル・スクリームの「Screamadelica」、パルプの「Different Class」、ディジー・ラスカルの「Boy in da Corner」、そして昨年はリトル・シムズの「Sometimes I Might Be Introvert」が選出されている。


今年もまた、イギリス全土でリリースされた最もエキサイティングなアルバムがノミネートされた。アークティック・モンキーズは、7枚目のアルバム「The Car」でレディオヘッドと並んで、最多ノミネートとなった。他にも、フレッド・アゲイン、J・フス、ジェシー・ウェア、ジョックストラップ、ランカム、ロイル・カーナー、オリヴィア・ディーン、レイ、シャイガール、ヤング・ファーザーズもノミネートされた。


エズラ・コレクティヴは、ジャズ・アルバムとして初の受賞という快挙を成し遂げた。これまで、ジャズ・アルバムがノミネートされたことはあったものの受賞に至った事例はなかった。これは前代未聞の出来事である。


「ジャズ・バンドがマーキュリー賞を受賞したことにより、神を信じなければ、何を信じればいいのかわかりませんね」と、ドラマーのフェミ・コレオソは昨夜のロンドンの授賞式で語った。


「私たちがここで祝っているこの瞬間は、善良で特別な人々が、音楽を演奏するために多くの時間と労力を費やしていることの証なのです」とコレオソは言う。「これはまた、エズラ・コレクティブやUKジャズの成果にとどまらず、音楽を演奏する若者たちのために努力しているイギリスの国中のあらゆるグループにとって、特別な瞬間です」


『Where I'm Meant To Be』は、ジャズ、アフロビート、ファンクを融合させ、楽しい雰囲気の楽曲を作り上げた、広がりのあるアルバムだ。このアルバムには、『12 Years a Slave』の監督でターナー賞受賞アーティストのスティーヴ・マックイーン、2022年のマーキュリー賞候補のコジェイ・ラジカル、ミュージシャンのサンパ・ザ・グレート、エメリ・サンデ、ナオが参加している。『Where I'm Meant To Be』は昨年のMusic Tribuneベストアルバムとしてもご紹介しています。


0 comments:

コメントを投稿