Lutal & Claud  ニューシングル「Running」で複雑な親子関係を歌う

 

©Eleanor Petry


意外なコラボレーションが実現した。イギリス国内のポップスシーンの有望株として注目を集めるClaud、そして、バーモント出身のソロシンガー、Lutaloがタッグを組み、ニューシングル「Running」をリリースした。

 

プレスリリースでこの曲は次のように説明されている。複雑な親子関係について歌われ、もしかすると、コラボした両アーティストに共通するテーマであるのかもしれない。

 

「"Running”は、ストレスのある親子関係に焦点を当てています。子供が無視されていると感じ、親がそれを気にかけなければならないと感じるほど問題が大きいと判断された時だけ認められるという話です。このような相互作用の中には苦痛と憤りがあるわけですが、それでも子どもは親の関心を求めて手を伸ばす。ただ、失望させられて、突き放され続けるだけなのです」


「この曲で私が目指したのは、ノスタルジックなインディ・ポップ・トラックのようなものを作ることだった」とルタロは続けた。

 

「クラウドはそのアイディアにぴったりの声を持っていて、その役割をうまく果たしてくれた。彼らは私が目指していた方向性とフィーリングを理解し、本当に実現してくれた。プロデューサーとしての柔軟性を示すだけでなく、キャッチーでリスナーが楽しめるようなものが欲しかった」


Lutalo(ルタロ)は2022年にデビューEP『Once Now, Then Again』をリリースし、それに続くEP『AGAIN』をWinspearからリリースした。昨年、彼らはロメルダとトラック「Darkeve Duet」でコラボした。彼らは、アンディ・シャウフをサポートするツアーに出発する。


「Running」

0 comments:

コメントを投稿