Zutons、『The Big Decider』のセカンドシングル「Pauline」を公開

 


ズートンズが16年ぶりのニューアルバム『The Big Decider』を4月26日にICEPOPからリリースする。彼らは 「Creeping on the Dancefloor」に続いて、セカンド・シングル「Pauline」を公開した。ナイル・ロジャースとスタジオでレコーディングした映像も公開。試聴と視聴は以下から。


ズートンズは、デイヴ・マッケイブ(ギター、リード・ヴォーカル)、アビ・ハーディング(サックス、ヴォーカル)、ショーン・ペイン(ドラムス、ヴォーカル)。


マッケイブはプレスリリースで 「Pauline」についてこう語っている。


「数年前、バンドの休暇でパームスプリングスに行ったんだ。マッシュルームも食べたし、人生で最高の日だった。その数ヵ月後にこの曲を書いた。「Pauline」は、バンドとしてアルバムのために取り組んだ最初の曲だったから、勢いがついたんだ。この曲を書いた当時、僕はホット・チョコレートをたくさん聴いていたんだけど、それが表れていると思う。この曲はツアーでも好評で、すでにライブの人気曲になっている。"観客からのフィードバックはいつだって素晴らしい。


ズートンズは3年前に再結成し、伝説的アーティストでシックの共同創設者であるナイル・ロジャースのプロデュースによるニュー・アルバムをレコーディングする意向を発表した。


バンドはこのアルバムをアビーロード・スタジオでレコーディングし、ロジャースだけでなく、オリジナル・プロデューサーのイアン・ブルーディーとも仕事をした。


マッケイブは2人のプロデューサーとのレコーディングについてこう語っている。「ナイルとの仕事は素晴らしい経験で、レコードを作る前に感じたことのない自信を与えてくれた。彼はとてものんびりした人で、聞き上手なんだ。


「Disappear」という曲で、私はザ・ズートンズが星や銀河を旅して、宇宙で最も強力な質問である "なぜ?"を問いかけるという内容のスポークン・ワードを書いた。私はナイルに、曲の終わりの部分でそれを読み上げてくれないかと頼んだ。でも、彼は首にチェーンをかけ、サングラスをかけたままボーカルブースに飛び込んで、20テイクほど、自分自身のスタイルを変えて歌ったんだ。度肝を抜かれたよ!まるで彼が本当に宇宙船に乗って宇宙を旅していて、暇さえあれば音楽を作っているかのようだった。彼は私が今まで会った中で最もクールな人の一人だ。


「このアルバムでイアン・ブルーディーと再会できたのも素晴らしかった。彼は「Big Decider」のデモを聴いて涙が出たと言ってくれた。この曲はアルバムのために最初に書いた曲のひとつだったから、イアンからそのような反応をもらうと、自分たちが何か正しいことをしているような気がした。この曲はそれ自体を物語っていた」






0 comments:

コメントを投稿