ラベル Cinema の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示
ラベル Cinema の投稿を表示しています。 すべての投稿を表示

 




 

このレコードショップ「Other Music」をよく知る The NationalのMatt Berninger(マシュー・バーニンガー)は、アメリカ、メキシコ、カナダ、南アフリカ、日本でも公開されるこのドキュメンタリー映画「Other Music」の中で、「私はレコードショップのキュレーターが好きだ」と語っている。

 

"全てを調べ上げ、小さな"カード"に100の言葉を書き、それが陳列棚に貼り付けられたままであることを入念に確認する情熱的な人たち"と彼はこのレコードショップの店員を手放しで賞賛している。1995年から2016年まで営業していたニューヨークの名物レコードショップ、『アザー・ミュージック』におけるそれらの小さなカードにまつわる記憶は、多くのことを意味していた。ザ・ナショナルのマシュー・バーニンガーは、"マーキュリー・ラウンジでの最初のライヴや、レコードショップ、アザー・ミュージックで初めてカードをもらったとき、「俺のバンドは本物だ」という感じだった "と、感慨深く回想しているのだ。


2016年春、レコードショップ、Other Musicが長い歴史を経て、6月25日に閉店することを正式に発表したとき、それはニューヨークのひとつの時代の終わりを告げるものだった。映像作家のPuloma BasuとRobert Hatch-Millerは、この店の最後の週を映像ドキュメンタリーとして克明に記録していた。

 

ニューヨークきっての名物レコード店の閉店。それから、約4年が経過し、遂にドキュメンタリーフィルム「Other Music」が世界のスクリーンで上映されることになった。

 

このドキュメンタリーは、レコードショップの文化、NYCの過ぎ去った時代、特に、W.4thストリートの小店舗へのささやかなラブレターになっている。デペッシュ・モードのマーティン・ゴアは、「1平方メートルあたり、私が行ったことのある世界中のどのレコード店よりも興味深い価値があっただろう」と感慨深く語っている。


『Other Music』には、ニューヨークにゆかりのあるバンド、ミュージシャンが数多く参加している。

 

Le TigreのJD Samson、James Chance、InterpolのDaniel Kessler、Yeah Yeah YeahsのBrian Chase、Vampire WeekendのEzra Koenig、Magnetic FieldsのStephin Merritt、TV on the RadioのTunde Adebimpe、MogwaiのStuart Braithwaite、Dean Wareham(Galaxie500/Luna)、そして、俳優Jason SchwartzmanとBenicio Del Toroをはじめ、このドキュメンタリーフィルムの中で、多数のアーティストがインタビューを受けている。

 

しかし、映像の多くは、オーナーのクリス・ヴァンダールーやジョシュ・マデル、そして、何年も店に残った多くの店員たち、スタッフに賛辞がわりとして捧げられている。およそ21年の歴史の中で、アザーミュージックで過ごした人なら、一度は「そうそう、あの人だ!」と言うかも知れない。


そのスタッフの中には、アニマル・コレクティヴのノア・レノックス(パンダ・ベア)とデヴィッド・ポートナー(エイヴィー・テア)のように、自分たちのグループが有名になる以前の駆け出しだった頃この店で働き、例えば、アンチポップ・コンソーティアムのビーンズは、自分の好きな音楽を客に押し付けることをためらわなかったという。

 

「お客さんが何に夢中になっていると言っても、"新しいアンティポップ・コンソーティアムをチェックしたかい?"と言うんだ」とジョッシュ・マデルは、回想している。インターポールやヴァンパイア・ウィークエンドは、契約する前にこの店で初期のEPを販売していた。その中でも最も注目すべきは、ウィリアム・バシンスキーが挙げられるだろう。彼は、9.11に触発された『The Disintegration Loops』が、その成功の多くをOther Musicに負っていることを語っている。


この映画は、ヴァンダールー、マデル、ジェフ・ギブソンの3人がブリーカーのキムズ・アンダーグラウンドで働いていたとき、自分たちの店を開くことを決意し、ニューヨーク最大のレコード店の1つであるタワーレコードの向かいに、アザーミュージックをオープンする(これは結果的に彼らの素晴らしい行動だった)、9月11日とその直後に起こったニューヨークのロックルネッサンス、そして、この店が短期間で参入したMP3とストリーミング・サービス時代、さらに、それが結局閉店への大きな一歩となるまで、店の歴史全体を追っていくという内容である。映画のクライマックスは、レコード店の営業最終日と、オノ・ヨーコ、ヨ・ラ・テンゴ、ビル・キャラハンなどが出演する「Other Music Forever」コンサートのためにバワリー・ボールルームへ向かう祝賀「セカンドライン」パレード(マタナ・ロバーツ、ジェイミー・ブランチ、アダム・シャッツなど)を取り上げている。


「アザー・ミュージック」のドキュメンタリーは、本来ならば、2020年のレコード・ストア・デイ(4/18)のタイミングに合わせて公開される予定だったが、コロナウィルスの影響でRSDが6月20日に延期され、映画館が軒並み閉店してしまったため、4月17日から20日まで短期間のデジタルリリースとなり、レンタル料の売り上げはコロナウィルスの流行で財政難にある世界中の地元の独立系レコード店に寄付されたという。


「アザー・ミュージック」のドキュメンタリー・フィルムの予告編は下記よりお楽しみください。


日本では、9月10日からイメージフォーラムほかで放映され、その後、全国で順次公開されます。日本人としては、現地のレーベルにゆかりを持つ小山田圭吾、坂本慎太郎らが出演しています。詳細はこちらからどうぞ。


   

 

John Williams Photo Credit: Tash Tish

スティーブン・スピルバーグ監督と頻繁にコラボレーションしてきた作曲家ジョン・ウィリアムズが、まもなく完成する『インディ・ジョーンズ5』を最後に、映画の音楽制作から引退することを決意したようです。


AP通信のインタビューに応じた90歳の作曲家は、「今、私はインディ・ジョーンズ5に取り組んでいるんですが、私よりかなり若いハリソン・フォードが最後の作品になると発表したことを受けて、ハリソンができるのなら、私にもできるかもしれない」と思ったんです。


ジョン・ウィリアムズは、作曲に集中することに風穴を開けると断言したものの、業界における将来の活動から「いかなる活動も断固として排除する」と見なされるのは避けたいと付け加えました。5回のオスカー受賞歴を持つウィリアムズは、5月20日にアルバム「A Gathering of Friends」をリリースした直後、エマニュエル・アックスのためにピアノ協奏曲を制作するなど、音楽の世界で新しいプロジェクトに挑戦する予定です。


ジュラシック・パーク、ハリー・ポッター、スター・ウォーズ、ジョーズなどの映画の音楽を手がけたウィリアムズは、史上最も多くの映画音楽を手がけた作曲家の一人として知られています。スティーブン・スピルバーグ監督の大ヒット作『ジョーズ』の音楽を担当したジョン・ウィリアムズは、たったひとつの象徴的な音楽で、全世代にサメへの恐怖を与えたと言われています。


AP通信の取材に応じたウィリアムズは、自身のキャリアの将来について、「100年後、人々が映画や音響、空間、聴覚、視覚効果を使ってどんなことをしているかを見るために生きていたい」と愛情たっぷりに語った。映画や音響、空間、聴覚、視覚効果について、人々が何をしているのか、100年後に見てみたいですね。ぜひまた来て、すべてを見聞きしたい」と語っています。


ハリソン・フォードが先日のスター・ウォーズ記念日に行ったジョン・ウィリアムズへの愛情あふれる賛辞は下記にてご覧になれます。


 

Taylor Swift  Credit: Beth Garrabrant


アメリカ国内で絶大な人気を誇るシンガーソングライター、テイラー・スウィフトが、2020年の『evermore』リリース後、初のオリジナル曲となる「Carolina」を発表しました。このシングルは、新作映画『Where the Crawdads Sing』のオープニングソングとして制作が行われています。


『Where the Crawdads Sing』の予告編で、このミステリアスなニューシングルを予習することができた。スウィフトのボーカルはまるで霧の中から聞こえてくるようで、その下にはドラマチックなドラムの音が響いています。


"彼らは私を見なかった ""あなたはここで私を見なかった/いいえ、彼らはここで私を見なかった/私が決して、決して行かない場所がある/キャロライナだけが知っていることがある "と彼女はこの曲の中で歌っている。


『Where the Crawdads Sing』は、デリア・オーエンスによる2018年の同名小説を映画化したものとなります。スウィフトはこの本の大ファンで、プロデューサーのリース・ウィザースプーンと監督のオリヴィア・ニューマンが銀幕に登場させるつもりだと聞き、促されることなく「カロライナ」を提出したのだという。

 


彼女は純粋なインスピレーションからこの曲を書き上げ、『気に入ってもらえるかどうかわからないけど、ここにある』と言ったようなものだ」とニューマンは6月13日の座談会で語っている(via Variety)。スウィフトは、本作の最初の舞台となる1953年以前に入手可能なすべての楽器を使ってこの曲を演奏し、歴史の忠実度を保つために、すべてをワンテイクで録音したという。


ウィザースプーンによると、"彼女はこの本を読んでとても気に入り、私たちが(その時期に)フォークロア・アルバムを作っていると聞いて、そのフォークロア・チーム全員で曲を書き、とても心に残る、不思議で美しい曲になりました "とのことです。


"Carolina "は、テイラー・スウィフトがfolkloreやevermoreで一緒に仕事をしたThe NationalのAaron Dessnerがプロデュースしている。彼女はプレスリリースの中で、"この魅惑的な物語にマッチするような、心に残るような、幽玄なものを作りたかった "というように説明しています。 

 

 

テイラー・スウィフトは、5月に「This Love (Taylor's Version)」をリリースし「1989 (Taylor's Version)」のプレビューと思われる曲を発表しています。以来、ニューヨーク大学の卒業式でスピーチを行い、ユヴァルデ校の銃乱射事件で「耐え難い心の傷」を表明しており、この出来事のより、かのロバート・デ・ニーロにも自分がスウィフト派であると認めさせています。


 

 

米ニュージャージ州の作曲家、Michael Giacchino(マイケル・ジアッチーノ)が手がけた新作『ジュラシック・ワールド ドミニオン』のサウンドトラックが、今年8月、MondoからLP盤としてリリースされる運びとなりました。


映画監督、コリン・トレボロウ氏が脚本を手掛けた『ジュラシック・ワールド ドミニオン』は、恐竜と人間が共存する世界を描いており、話が展開していくにつれて、両者の生存バランスが危うくなるというスリリングなストーリーが展開されていきます。今回のオリジナルスコアの作製に際して、作曲家、マイケル・ジャッチーノは、英ロンドンのアビーロード・スタジオで、総勢87人のオーケストラ、30人の聖歌隊歌手と共にサウンドトラックを録音を行っています。


Mondoがリリースした『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』のサウンドトラックに続くも『ジュラシック・ワールド・ドミニオン』は、8月の発売に先駆けてモンドから予約注文を受け付けています。サウンドトラックのアートワークに関しては以下で御確認下さい。

 


Pre-Order Here

 

 

 

 『Jurassic World Dominion』Soundtorack

 


 

 

『Jurassic World Dominion』Official Trailer

 

 


Lynch Courtsey Sacred Bones


 
「ツインピークス」のテーマ曲「Falling」を歌ったことでも知られる偉大なシンガー、ジュリー・クルーズが65歳で死去した。夫のエドワード・グリナントが、B-52のFacebookページで、最初にこのニュースを明らかにした。ジュリー・クルーズは、1992年から1999年までシンディ・ウィルソンの代役としてストレッチに参加し、バンドの臨時のツアーメンバーとして活動していた。


「昔を知る人のために、今日、妻のジュリー・クルーズに別れを告げたことを知りたいと思うだろう」と、エドワード・グリナントは書いている。
 
 
「彼女は自分の意思でこの世界を去った。後悔はない。彼女は安らかに眠っている。これだけ多彩な音楽キャリアを持つ彼女は、シンディが家庭を持っている間にBとして代役を務めた時間が、芸能生活の中で最も幸せな時間だったとよく言っていました。
 
 
彼女は彼らに永遠に感謝することだろう。フレッドとケイトと初めてマイクを握ったとき、彼女はまるでビートルズに入ったようだと言った。彼女は彼らのことをいつも愛しているし、一緒に世界中を旅したことを決して忘れないだろう。私は彼女の移行期間にRoamを演奏しました。今、彼女は永遠に歩き続けるだろう。
 
 
Rest In Peace, my love, and love to you all.


彼女の音楽は、デヴィッド・リンチと最も関係が深い。リンチは、彼女と作曲家アンジェロ・バダラメンティと共に、『ブルーベルベット』、『ツイン・ピークス』(その象徴的テーマ曲「Falling」を含む)、『ツイン・ピークス』で曲を共作していた。1989年の『Falling Into the Night』と1993年の『The Voice of Love』の2枚のアルバムに参加している。デヴィッド・リンチは、自身のYouTubeチャンネルで毎日のようにウェザー・リポートを配信し、今回はジュリーに捧げる特別なトリビュートを投稿した。


 

 

普段は饒舌な人物として知られている映画界の巨匠、デヴィッド・リンチではあるが、明らかに彼は今回の盟友の死の出来事に言葉をつまらせている。"偉大なるジュリー・クルーズが亡くなったことを今知った "とリンチは話している。"彼女が作った良い音楽に感謝し、偉大なミュージシャン、偉大なシンガー、そして偉大な人間であったことを思い出す良い機会かもしれない。" 彼は最後にもう一度彼女の名前を言い、その後さらに数秒間の悲しいカメラを回させる。

 

ジュリー・クルーズの音楽を鑑賞する方法としては、リンチが1989年に制作し、ブルックリン音楽院(BAM)で2度上演された前衛音楽劇「産業交響曲第1番」でのクルーズを見ることができます。

 

 

 

バダラメンティ指揮によるこのコンサートでは、『ツイン・ピークス』でも使用された「Rockin' Back Inside My Heart」を含む『Floating Into the Night』の5曲をクルーズが歌った。この公演には、リンチの『ワイルド・アット・ハート』を撮影したばかりのニコラス・ケイジやローラ・ダーン、『ツイン・ピークス』で裏声の「別の場所から来た男」を演じたマイケル・J・アンダーソンも出演しています。その様子とドキュメンタリーは以下からご覧ください。


 


 

Toro y Moi

Chaz BearことToro y Moiが、「Goes By So Fast」を正式リリースしました。発表によると、Eric AndréとChazが主演するショートフィルム "A Mahal Film "は、"Toro y Moiの7枚目のスタジオアルバム『Mahal』の世界観を表現している "ということです。今回発表されたフィルムはDropboxと提携制作されており、Toro y Moiの長年のコラボレーターであるHarry Israelsonが監督、Sidney SchleiffとIsraelsonが脚本、Ways & Meansがプロデュースしています。


Chazと10年以上一緒に仕事をしてきて、私たちのストーリーテリングは自然に進化してきました。

 

『Mahal』では、初日からコンパニオン・フィルムについて話し合いました。私にとってのアイデアは、レコードの周りに世界を作ることでした。リスナーは、アルバムのジャケットの中に頭を突っ込んで、その中を見ることができます。私たちの挑戦は、アルバムのテーマと歌詞を想起させるような映画を作ることでしたが、本当に奇妙でユニークなものができたと思います。

 

Harry Israelson



ハリーと僕は、このアルバム「Mahal」のテーマがシリアスなものであることを考えると、ユーモラスで楽しいものを作るのがふさわしいと思ったんだ。音楽と、できれば自分自身を人間らしくするようなものを作りたかった。私は、あまり演技が得意ではなく、控えめな性格なので、「カーテンの裏側の男」を表現してくれる脇役を探した方が良いと思った。

 

エリック・アンドレが演じるパンサーは、私の内向的な傾向に文脈を与え、私の人物像にマッチする完璧なハイ・スポ根エネルギーだと感じました。私はこのプロセス全体が好きでしたし、ファンの皆さんには私たちが楽しんで作ったことが伝わると思います。

 

Toro y Moi

   


"Mahal "は、サウスカロライナ育ちでベイエリアを拠点とするトロ・イ・モアの2019年のアルバム『Outer Peace』に続き、グラミー賞にノミネートされた2020年のフルームとのコラボレーション『The Difference』は、アップルのAirpodsのグローバルキャンペーンでもフィーチャーされことで有名。2008年以降、9枚のアルバムをリリースし、タイラー・ザ・クリエイター、トラヴィス・スコット、ハイム、キャロライン・ポラチェクとコラボレーションしている。グラフィックデザイナーとしては、Nike、Dublab、Vansなどのブランドと仕事をしている。

 

 

Toro y Moi - Goes By So Fast: a MAHAL Film

 映画監督ブレット・モーゲンの新作デヴィッド・ボウイのドキュメンタリーで、何千時間もの貴重なパフォーマンス映像から作られた「没入型映画体験」である「Moonage Daydream」は、今夜カンヌ映画祭でワールドプレミアされます。昨日、ティーザー予告編も公開されました。


ボウイの名言や、1974年にボウイが出演したトーク番組「ディック・キャベット」のイントロダクションが流れる中、パフォーマンス映像は控えめに、ボウイのキャリアが一瞬で映し出され、より雰囲気のあるものになっています。もっと見たいと思わせること間違いなし!! ティーザー・トレーラーは以下より御覧下さい。

 

Moonage Daydream』は、NEONを通じて今秋に劇場公開、IMAX公開され、2023年にHBO Maxでストリーミング配信される予定です。

 

 

Official Visualizer 

 

 


エンジェル・オルセンとキンバリー・スタックウィッシュは、シンガーソングライター、オルセンの次回作「Big Time」のリリースに伴う新しい映画を発表。

 

これは同名のアルバム「Big Time」の28分の映画版が公開されるとのことです。「Big Time」のショートフィルムは28分の作品で、アマゾンミュージックのツイッチチャンネルとアマゾンミュージックアプリを介して6月2日に初公開。さらに、ロンドンとロサンゼルスにて上映会が行われます。映画「Big Time」の予告編には、未発表曲「Chasing the Sun」と「Through The Fires」が含まれています。


キンバリー・スタックウィッシュ監督は、以前、エンジェル・オルセンとシャロン・ヴァン・エッテンの「Like I Used To」のミュージックビデオも手掛けています。また、オリヴィア・ロドリゴの「Sour Prom」のコンサートフィルムの制作を行っていることでも周知されています。今度の「Big Time」の制作に際しては、エリス・パールを脚本と編集の共同制作者に招き、スタックウィッシュとオルセンは今年1月下旬から七日間にわたってこの映画の撮影を行いました。

 

映画の背後にあるインスピレーションについて、エンジェル・オルセンは、以下のようにプレスリリースを通じて述べています。

 

 

母が亡くなった時、私は、タイムトラベルについてこれらの超視覚的な夢を持ち続けていました。

 

後で、曲だけではなく、時間の拡大と変化へのウィンクのようなものとして、レコードに「Big Time」というタイトルを付ける事に決めました。スタックウィッシュ監督に、ビデオ制作についてのお話を伺った時、私が兼ねてから思い描いていた夢のひとつのストーリーを含め、それらを曲を伝える方法として実際に活用するのはとてもクールだ! と思ったんです。彼女は心楽しい対話とイベントを次々に追加していきました。

 

「Big Time」には現実に基づいたものとそうではないものが混在し、私の夢の周りにストーリーアークを作成し、ミュージックビデオを通して、大掛かりなスケールを持つ映画を作成しようと努めてまいりました。私はいつも鮮やかな創造力を持っていて、これらの潜在意識の瞬間を現実のものにすることは、本当に感情的で、また生のプロセスでもあり、ほとんど、時々は精神的な精算、浄化のようにも感じられました。

 

自分自身の存在を物語の中に溶け込ませ、その断片を動かすことにより、私は自分の損失を個人的に再検討せねばならず、私のこれまでの人生において実際に起きた出来事を何らかの形で処理する、新しい方法を見いださねばなりませんでした。その殆どは、台本や実際の演技の中で表されておりますが、おそらくこれまで一般公開したものの中で最も親みやすい作品であり、これはまた、私の母へのオマージュとしての捧げられています、さらに、オルセンは以下のように締めくくっています。お母さんがここにいて、レコードを聴いていてくれたら良かったのになあと思います。なぜなら、きっとこの曲を聴いたら、これが本当に素晴らしいと私に言ってくれただろうと思うから。

 

また、映画の監督を務めたキンバリー・スタックウィッシュは、次のように説明しています。


「Big Time」は、一つの中心的なジレンマをもたらす、非線形のシュールレアリストの夢の間を通して語られる光と影の物語です。

 

 暗闇から抜け出し、自分の本当の自己を受け入れるためには、過去を手放すため、どれくらいの時間を経なければならないでしょう?

 

それは、私達の無意識が抑圧されたアイデンティティにどのように対処するのか、自己実現に踏み出すために過去の自分を手放すことが難しいこと、さらに、喪失に対処するときに私達が抱く罪悪感など、根深い感情の複雑さを対象とする物語です。何らかの理由によって、私達は、皆、自分を許すのに苦労する部分と、探求することを恐れ、また社会的観点から見てそぐわない部分を抱えています。そのため、私達はそれらの無意識を自分の奥深くに押し込めてしまう。影の中へ、影の中へと・・・・、つまり、この映画「Big Time」は、言ってみれば、あなたの中にある本当の光を見出す前に、それらの恐れの中に惑溺するような瞬間を捉えた物語なのです。

 

 

また、エンジェル・オルセンの音源としての新作アルバム「Big Time」は6月3日にJagujaguwarから到着する予定です。また、この映画版の予告編として、オルセンが既に共有している新フル「All The Good Times」「Big Time」のミュージックビデオが公開されています。


「Big Time」 Film Official Trailer



 ゲイリー・ハストウィット監督が手がけたBrian Eno(ブライアン・イーノ)の長編ドキュメンタリーの制作が決定しました。

 

ドキュメンタリーフィルムのタイトルは「Eno」。この長編映画は、複数のバージョンでリリースされる予定で、詳しい公開日については明らかになっていません。ゲイリー・ハストウィットの新しいプロジェクトは、100時間に及ぶ未公開映像を使用、イーノのアーカイブから未聴の音楽を収録され、作成と展示に画期的な生成技術(ジェネレイティヴ・テクノロジー)が活用されるという。「Eno」には、ブライアン・イーノの個人の資料から未発表の音源、さらに、ビジュアルアートなど、ブライアン・イーノの人生の網羅するこれまでにない数百時間の映像が組み込まれています。


 

「Eno」は、アーティストに関する最初の公認ドキュメンタリー映像となります。このドキュメンタリーについて、監督を手掛けるゲイリー・ハストウィットは、記者会見において以下のように述べています。

 

彼はこの類のアプローチを使用するのに相応しい存在であると言えるでしょう。彼は従来のようなバイオドキュメントを希望していなかったため、以前、多くのプロジェクトを断っています。

「Eno」は、 ブライアンの50周年のキャリアの成果と素材を基にした創造性に関する芸術映画であると思っています。


 ゲイリー・ハストウィットとブライアン・イーノのコラボレーションは、イーノがドイツ人デザイナー、ディーター・ラムスに関するオリジナルスコアをハストウィットが手掛けた2017年に遡る。「ソニックランドスケープ」と称するイーノは、1970年代にロキシー・ミュージックのメンバーとして有名になり、その後、ソロ活動に乗り出しました。ボウイとベルリンで親交を得た後、デヴィッド・バーンと組んで重要なプロジェクトを手がけ、ウィンドウズ95のダイヤルアップトーンを制作するなど、21世紀に入り、その創造性はますます強くなっています。


 ゲイリー・ハストウィット監督は、以前、サム・ジョーンズ監督の音楽ドキュメンタリー「I Am Trying to Break Your Heart: A Film About Wilco」、ジェシカ・エドワーズが監督したメイビス・ステープルズのドキュメンタリー「Mavis!」のプロデューサーを務めていました。ゲイリー・ハストウィットは、2007年の「Helvetica」で映画監督としてデビューし、続いてデザインドキュメンタリー「Objectfied」、さらに「Urbanized」の制作を手掛けています。


近々公開されるこのドキュメンタリー映画「Eno」はNY・ブルックリンに本社を置く制作会社「Film First」によって制作され、「Submarine」が配給を手掛ける。この作品は2023年に公開予定です。


オーストラリアの世界的な人気を誇るシンガーソングライター、ニック・ケイブとイギリスの小説家ウォーレン・エリスの二人の友情について焦点を当てた映画「This Much Is Known To Be True」の予告編が公開されました。

 


 

本作は、アンドリュー・ドミニクが監督を務め、二人の創造的な関係ーー信じがたいほどの両者の勤勉性ーーにスポットライトを当てています。

 

2021年には、ライブショー、スコア作品、ウォーレン・エリスの著名な作品が世に送り出されました。そして、これらの実質的な資料を元にした2人の友情についての感動的な洞察がこの映像作品には組み込まれているようです。


今回の映画作品「This Much Is Known To Be True」は、アンドリュー・ドミニクの2016年の映画「One More Time with Feeling」の一種のコンパニオン作品となり、5月11日から世界的な映画祭で上映される予定です。

 

予告編のトレイラー映像が公開中です。ロビー・ライアンの映画監督についての鋭い洞察が込められている作品とのことでありますので、インディーロックファン、また、文学ファンにもおすすめしたい映画です。

 

 


マルチハイフネーションのFlying Lotus、彼の所属するBrainfeeder Filmは、フランス・パリに本拠を置くLogical Pictures,及び、XYZ Filmとの協力関係を結び、彼が制作監督を手掛ける新作映画「Ash」のマーケティングをカバーするマルチピクチャー開発の契約を結んだと発表しました。


この契約に伴い、ロジカル・ピクチャーズが支援する共同制作基金であるロジカルコンテンツベンチャーズは、ホラー、スリラー、SFのジャンルに焦点を当てた映画「Ash」の開発に資金を提供することを決定。ロジカル・ピクチャーズはまた資金調達と生産のためのファーストルック契約を確保しました。今回の契約は複数の制作プロジェクトにおよび、XYZフィルムが販売を生産ないし処理するように処理されます。また、今回の契約については、フランスのロジカル・ピクチャーズのFrederic FioreとGrace Adams、XYZFilmsの提携者でたるNate Bolotinによって交渉が行われました。


スティーヴン・エリクソン、(フライング・ロータス)は、大叔父に偉大なジャズマンであるジョン・コルトレーン、遠戚にアリス・コルトレーンを持つ。彼は、ジャンルを超え、グラミー賞を受賞したプロデューサーでもあり、作曲家、映画製作者、そして、ラッパーとしても活動してきた。彼は2008年には自主レーベルのブレインフェーダーをロサンゼルスに設立しています。

 

2006年以来、スティーヴン・エリソンは6つのスタジオアルバムをリリースし、さらにカートゥーンネットワークのアダルトスイムで聴いた音楽の多くを作曲している。ロサンゼルス映画学校を卒業後に制作された作品「Kuso」は、2017年のサンダンス映画祭で初公開され、賛否両論を巻き起こした。最近では、Lesean Thomasが監督をつとめたNetflixアニメシリーズ「Yasuke」を制作し、また、サウンドトラックを手掛ける。この映画は安土桃山時代の日本の実在する武士を題材にとって制作された作品です。


これまでスティーヴン・エリソンは、「ツイン・ピークス」で知られるデヴィッド・リンチ、アルマ・ハレール、LAで活動する日系アメリカ人監督ヒロ・ムライ、マリル・ジョセフ、渡辺信一郎、伝説的な映画製作者のテレンス・マリックから、制作の手ほどきを受けてきました。 


今回新たに結ばれた契約に関して、フランスの配給会社のロジカル・ピクチャーズのフレデリック・フィオーレ社長は、以下のように述べています。

 

「今回、長年の私達のパートナーである「XYZ Films」と再び協力関係を結ぶことが出来て非常に嬉しく思います。FlyLoは非常に才能があり、尊敬される音楽家でもあり、また、ユニークな創造的な世界観を持ち合わせています。彼の今後の映画やクロスメディアプロジェクトに取り組むのが今から待ちきれません。


この声明に対して、スティーヴン・エリソンは以下のように説明を加えています。


「今後のプロジェクトにおいて、ロジカル・ピクチャーズと提携を結ぶことが出来て非常に嬉しい」

 

また、XYZ Filmは、今回の三者間で取り結ばれた契約に関して、次のように述べています。


「過去、数年間、いくつかのすぐれたジャンルのフィルムを、ロジカル・ピクチャーズと協力して提供してきました。今回、フライング・ロータス、そして彼が主宰するBrain Feederとのこのパートナーシップ提携を通して、良い関係を拡大できるであろうことを楽しみにしています」

 

 フランスのロジカル・ピクチャーズは、ロシアの映画制作会社”キリルセレブレニコフ”(ペトロフのインフルエンザ、レトなどの作品がある)と、次の長編映画で協力する。昨今のロシアのウクライナ戦争、また、それに続く、ロシアに対する世界的なボイコットという難しい障壁がありますが、ロジカル・ピクチャーズとセレブレンニコフの協力関係が終わったとは考えられていません。

 

ロジカル・ピクチャーズはまたマキシミリアン・エレンヴァインの次作品である「ザ・ダイヴ」にて、オーゲンシャインと提携を図っています。ロジカルピクチャーズの最近の公開された映画作品には、「ザ・イノセンス」(IFC ミッドナイト/カンヌ2021)、「プレジャー」(ネオン/サンダンス、カンヌ 2020)そして、「ザ・ディープ」(ブラムハウス/エピックス)などがあります。

 

一方、XYZ Filmsの最近の映画作品には、Netflix配信により展開されたアナ・ケンドリック、トニ・コレット主演のジョーペナーのSFスリラー、トム・ハーディーやフォエスト・ウィテカー主演のアクションスリラー、「ハヴォック」等が含まれています。


今回、ロジカル・ピクチャーズとXYZ Filmと映像制作における提携を結んだフライング・ロータスの新作映画は、既にキャスティングは年明けから始まっていますが、作品制作は今年の終わり頃におこなわれる予定です。

 

 

 


 

アメリカ、カルフォルニア州、LAを拠点に活動するラッパー、ブレインフェーダーのレーベルオーナー、そして、映画製作者として、さらには、サウンドトラックのスコア制作と、近年、多彩な才能を発揮しているフライング・ロータス。彼は、このたび、二作目のSFアクションホラー映画「Ash」が今年夏に公開予定であるとアナウンスした。

 

今回の自作の映像作品において、フライング・ロータスは、やはりというべきか、映画監督とサウンドトラック制作の両方を担当している。このホラー映画について、「”Ash”は、五感を駆使したハイテンションSFサヴァイヴァルホラーだ。私達はまだ見ぬ手法を駆使し、ストーリーを伝えるための新たな方法に取り掛かっている」と期待感満載の発言をし、ファンの気持ちを盛り上げている。

 

この物語「Ash」の原作の脚本は、Jonni Remmler。遠くの惑星で目を覚まし、宇宙ステーションの乗組員が殺戮されているところを目撃した女性にフォーカスを当てて、ストーリーが急激な展開を見せていくという。 

 

 

「私はSFの分野で革新を起こしたいという強い願望を持っており、視聴者がこれまでに見たこともない作品を世界に対して示したいと考えている」

 

また、ロータスは次のようにも語っている。

 

「また、ちょっとだけ、制作秘話を打ち明けると、今回、私は、ニコラス・ケイジ主演の「Mandy」、イコ・ウワイス主演の「The Raid」と同じキャストと制作を始めているんだ」

 

 

2017年、フライング・ロータスは、映像監督としてデビュー作となる長編映画「Kuso」を発表した。

 

この作品は、「これまでに制作された中で最も悪趣味な映画」と評され、センセーショナルな反応を巻き起こした。アメリカ、ユタ州で開催されるサンダンス映画祭では、ストライキを食らったものの、その悪趣味さにもかかわらず、いかにもフライング・ロータスらしいユーモア、シュールさが発揮された映像作品として、マニアの間で少なからずの称賛を浴びた画期的な一作だった。


昨年、フライング・ロータスは、ラキース・スタンフィールド主演のNetflixの作品「Yasuke」のサウンドトラックも出掛けている。この作品では長年のコラボレーター、サンダーキャットと作業を行った。


フライング・ロータスは、この映画シリーズのスコアだけではなく、コンサルタントやエグゼクティブプロデューサーも兼任している。現在、Flyloは、音楽業界だけではなく、映画業界にも活躍の幅を広げていき、そのほかにも、ビジネスマンとしての隠れた才能が花開きつつあるようだ。

 

今回、発表されたフライング・ロータスの二作目の映像作品「Ash」は今夏にリリース予定となり、すでに1月下旬にキャスティングが始まっている。前作「Kuso」と同様、ホラー映画ファン、アクション映画ファン、SF映画ファンの間で、センセーショナルな話題を攫いそうな作品である。

 

 



 

USインディーシーンの象徴的なロックバンド、ダイナソーJr.が制作に携わったドキュメンタリー映画「ダイナソーJr./フリークスシーン」が、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて3月25日から上映されます。この公開に先行して、映画宣伝用の日本版キービジュアル、場面写真が同時公開。

 

 

作品内容は、ギター兼ボーカルのJ・マスキス、ベースのルー・バーロウ、ドラムのマーフというオリジナルメンバー3人の関係にフォーカスし、貴重な過去の素材や彼らに親密なミュージシャンたちの証言を通して、ダイナソーJr.の約30年にわたる軌跡を辿る。バンド自身が製作を手がけ、J・マスキスの義理の親族である音楽映像作家フィリップ・ロッケンハイムが制作監督を務めています。


日本版キービジュアルは、ダイナソー・Jrのギタリスト、J・マスシスが絶賛するドイツ人デザイナー”Mario Lombardo”が描いた本国版キービジュアルを元に作製されています。また、今回追加で公開された場面写真には、J・マスシスが富士山を眺めている写真も含まれているようです。

 

 

 


 


 

 




シネマート新宿・シネマート心斎橋ほかにて 2022年3月25日(金)公開
 
 
 
2021年メルボルン国際映画祭]正式出品
 
 
2021 年モントリオール・ニューシネマ国際映画祭] 

 
監督:フィリップ・ロッケンハイム 製作:ステファン・ホール、アントワネット・コスター、フィリップ・ロッケンハイム

 
共同製作:ダイナソーJr.、J・マスキス

 
出演:
 
 
ダイナソーJr.(J・マスキス、ルー・バーロウ、マーフ)
 
 
キム・ゴードン(ソニック・ユース)
 
 
ヘンリー・ロ リンズ(ブラック・フラッグ)
 
 
ボブ・モールド(ハスカー・ドゥ)
 
 
サーストン・ムーア(ソニック・ユース、
 
 
フラ ンク・ブラック(ピクシーズ)
 
 
ケヴィン・シールズ(マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン)
 
 
ソニック・ブーム(スペースメン 3)
 
 
マット・ディロン

 
 
2020 年 上映時間82分 ドイツ=アメリカ合作
 
 
原題:   FREAKSCENE the story of Dinosaur Jr.
 

© 2020 by Rapid Eye Movies/ Virus Films/ Dinosaur Jr. Inc.

 
 
 
キングレコード提供
ビーズインターナショナル配給

 
 
・「ダイナソーJr./フリークスシーン」公式サイト