2022 Mercury Prize 最終候補作が発表される

 







今年も2022年の英国の音楽賞、マーキュリープライズの十二の最終候補者が正式に発表された。Yard Act、Self Esteem、Sam Fender、Wet Leg、といったアーティストがリストアップされた。この賞は、英国、及び、アイルランドで毎年最も優れたアルバムに対して贈られる。


また、上記のアーティストのほかにも、ノヴァ・ツインズ、ジョイ・クルークス、ハリー・スタイルズ、リトル・シムズ、コージー・ラジカルといったアーティストも同賞の最終候補に挙がっている。


今年の最終選考に残ったアルバムは、Anna Calvi、Loyle Carner、Lanterns on the LakeのHazel Wilde、そしてAnnie Mac、Jamz Supernova、Danielle Perryといった業界の専門家を含む審査員団によって決定されました。


マーキュリー・プライズの審査員団は、今回の最終候補作の決定について次のように述べています。「今年の候補作を12枚に絞るのは簡単なことではありませんでした。なぜなら、あまりにも多くの素晴らしい作品があったからです。想像力豊かなポップスから、先駆的なラップ、コーニッシュ・ロックまで、あらゆるジャンルのアルバムが選出されたことは、英国・アイルランド音楽が歴史の不穏な時代に繁栄していたことの証左と言えるでしょう。私たちは、この12枚の素晴らしいアルバムが、芸術的にも、社会的にも、それぞれユニークで豊かな方法で何かを語りかけてくるように感じています。そして、今、本当に難しいのは...総合的な勝者を1人だけ選ぶことです」


今年の受賞式のオープニングは、Arlo Parks(アーロ・パークス)の素晴らしいデビュー曲「Collapsed In Sunbeams」で行われ、9月8日にロンドンのEventim Apolloで開催される予定となっている。



2022 Mercury Prize Nominated 12 Albums


・Fergus McCreadie 「Forest Floor」

・Gwenno 「Tresor」

・Harry Styles 「Harry's House」

・Jessie Buckley&Bernald Butler 「For All Our Days That Tear the Heart」

・Kojey Radical  「Reason to Smile」

・Joy Crookes 「Skin」

・Little Slimz 「Sometimes I Might be Introvert」

・Nova Twins 「Supernova」

・Self Esteem 「Prioritise Pleature」

・Sam Fender 「Seventeen Going Under」

・Yard Act  「The Overload」

・Wet Leg 「Wet Leg」


0 comments:

コメントを投稿