Julia Jacklin 金曜日発売の新作アルバム「Pre Pleasure」のラストプレビュー「Be Careful With Yourself」を公開

 

photo : Izzie Austin


オーストラリア出身のシンガー・ソングライターJulia Jacklinが、今週金曜日にPolyvinylからニュー・アルバム『PRE PLEASURE』をリリースします。その第4弾シングル「Be Careful With Yourself」を公開しました。

 

これですべてのプレビューシングルの公開は終了し、あとは金曜日のアルバム到着を待つばかりとなります。  

 

 

 

8月26日にリリースされる『PRE PLEASURE』は、ジュリア・ジャックリンの3枚目のフルレングスアルバムで、2019年の『Crushing』と2016年の『Don't Let the Kids Win』に続く。このアルバムは、『Crushing』のワールド・ツアー終了後に書かれ、共同プロデューサーであるマーカス・パキンと共にカナダ/モントリオールで数ヶ月に及ぶレコーディングを行い、完成した。

 

「このアルバムに収録されている曲は、書くのに3年かかったか、3分かかったかのどちらかです」と、ジュリア・ジャックリンはこのアルバムを発表した以前のプレスリリースで述べています。


ジュリア・ジャックリンのツアーバンド、ベーシストのBen WhiteleyとギタリストのWill Kidmanはカナダを拠点に活動し、The Weather Stationにも参加しています。Owen Pallett (Arcade Fire)がストリングスのアレンジを担当し、プラハのフルオーケストラで録音されました。


「私にとってのレコード制作は、常に経験、新しい場所での新しい経験、デスクにいる新しい人、思い切って何が起こるかを見ることでした」とジャックリンは言います。

 

「初めてギターから離れ、モントリオールのアパートにあるバンドトラック内蔵のローランド・キーボードでアルバムの多くを書きました。歌詞やアイデアを書き連ねた肉厚の紙を壁に貼り付け、自分の脳が時間通りに全てをアレンジしてくれるように音楽の神様に祈ったんです」


アルバム・タイトルの『PRE PLEASURE』に言及したかのように、ジャックリンはこう語っている。

 

「私は多くの場合、自分の人生を楽しむ前にすべての仕事をしなければならないと感じています。歌やセックス、友人関係、家族との関係など、長く一生懸命に取り組んでいれば、いずれはじっくりと楽しめるようになると思っているんだ。でも、そんなことはあり得ないんだ。すべては進行中のプロセス」


Crushingの大規模なツアーの後、ジュリア・ジャックリンは音楽に取り組み、聴くことの喜びに戻る方法を見つけるために時間を費やした。

 

「音楽が仕事になってしまうと、音楽のファンダムとしての純粋さを失ってしまうことがある」と彼女は説明する。「私はこの2年間、音楽と再びつながろうとしました。私はあまり演奏せず、ただ聴いていました。特に、セリーヌ・ディオン、ロビン、ルーサー・ヴァンドロスのようなビッグなポップミュージックを聴いていました。大きな、美しい曲をかけると、何ができるのかわからなくなっちゃう」


セリーヌ・ディオンは特に重要で、1996年のヒット曲「Because You Loved Me」は、ジャック・ジャックリンの父親のお気に入りだったそうです。2020年に、この曲を再び聴いたとき、「音楽に対する素直で素敵な気持ちがたくさんよみがえった」と彼女は言います。純粋な喜びと感情・・・、そして、比較的内向的でクールになりたいと思っている私にとって、セリーヌはこの時期にロックオンするのにすごく適した人物でした。彼女の音楽はドラマチックで、信じられないほど聴きやすい。彼女の歌を聴くことで、自分自身を乗り越えることができた」

 

最初の先行シングル「Lydia Wears a Cross」のミュージックビデオでは、このアーティストのセリーヌ・ディオンへのリスペクトが表され、ジャックリンの携帯電話の背景写真にセリーヌ・ディオンが写っていることが分かる。


ニューアルバム『PRE PLEASURE』のテーマについて、ジュリア・ジャックリンは次のように語っている。

 

「私は周りの人たちのことをとても気にしていて、いつまでも寝ていたいと思うほど、圧倒される。私は愛や労りを表現するために明確な言葉を使うような環境で育たなかったから、私の曲作りのプロセスの一部は、それを正そうとすること、その感情を言葉にすることを自分自身に強いること」と語っています。

 

 

 

Julia Jacklin 「Pre Pleasure」

 

 

Label:  Transgressive Recordings

Release:  2022年8月26日

 

 

Tracklist

 

1.Lydia Wears A Cross

2.Love,Try Not To Let Go

3.Ignore Tenderness

4.I Was Neon

5.Too In Love To Die

6.Less Of A Stranger

7.Moviegoer

8.Magic

9.Be Careful With Yourself

10.End of a Friendship

 

Pre-order :  

 

https://julia-jacklin.ffm.to/pre-pleasure

0 comments:

コメントを投稿