Phew 1992年のアルバム『Our Likeness』のリイシューを発表 MUTEから2月発売

 

 

Phewは、1992年の『Our Likeness』のリイシューを発表した。Muteからヴァイナル/CDの二形式で来年2月17日にリリースされる予定だ。

 

『Our Likeness』は、CANのヤキ・リーベツァイト、D.A.F. のクリスロ・ハース等が参加し、コニー・プランク・スタジオで制作された。ケルンにあるConny Plankのスタジオで、Chrislo Haasとコラボしています。リイシュー発表に合わせて、タイトルトラックのPVが公開されています。下記よりご覧ください。

 

Phewは『Our Likeness』のリイシューについて次のように説明しています。


「1981年にコニーのスタジオでレコーディングしていたとき、若いドイツ人男性が訪ねてきて、しばらくスタジオに静かに座って、何も言わずに出ていった。彼の礼儀正しさは長く記憶に残り、今でも思い出す。1980年代末に彼が東京を訪ねてきて、一緒に何か作ろうということになり、数ヵ月後にコニーズ・スタジオでレコーディングすることになったんです」


「クリスロが参加したミュージシャン、アレックス・ハッケ、ジャキ・リーベツァイト、トーマス・スターンに連絡を取り、ミュートにこのプロジェクトのことを伝え、『Our Likeness』がリリースされた」

 

「もし、クリスロがまだこの世にいたら、どんな音楽を作っていただろうかとよく考えることがあります。あれから、24年後、ポーランドのフェスティバルでアレックス・ハッケと再会し、そこでハッケピッチョットと一緒に演奏することになったのです。そして、今、私はダニエル・デ・ピッチョットと一緒に仕事をしています。まだまだこれからです!」 

 

Phewは、今年12月にポルトガルのマディラ島で開催される「MADEIRADiG Festival」に出演する予定だ。

 



Phew 『Our Likeness』 Reissue




Label: Mute

Release: 2023年2月17日
 


Tracklist:
 
1. The Last Song
2. Our Likeness
3. Being
4. Like Water and Water
5. Glitter of Night
6. Spring
7. Smell
8. Depth of the Forehead
9. Our Element
10. Expression
11. Ocean



Pre-order:


https://mute.ffm.to/phew-ol



 

・Phew


伝説のアート・パンク・バンド、アーント・サリーの創設メンバー。1979年解散後はソロとして活動を続け、1980年に坂本龍一とのコラボレーションをリリース。1981年にはコニーブランク、CANのホルガ―シューカイとヤキ・リーベツァイト、アインシュテュルツェンデ・ノイバウテンのアレクサンダー・ハッケ、DAFのクリスロ・ハースと制作。2010年に入り、声と電子音楽を組み合わせた作品を次々に発売し、エレクトロニック・アーティストとしても世界的評価を高めた。

 

ピッチフォークはPhewを「日本のアンダーグラウンド・レジェンド」と評している。また、アナ・ダ・シルヴァ(レインコーツ)、山本精一(ex.ボアダムス)等のコラボレーション作品も発売。2021年、最新ソロ・アルバム、ニューディケイド」がTraffic /Muteより世界で発売された。2023年2月、伝説のソロ・アルバム「Our Likeness」(1992年)がリイシューされることが決定。
 

 

・参加ミュージシャン


Phew(ボーカル)

Jaki Liebezeit(ドラム, パーカッション)

Chrislo Haas(キーボード)

Alexander Hacke(ギター)

Thomas Stern(ベース)

 

アートワークコンセプト:Alexander Hacke


0 comments:

コメントを投稿