Drea Wife、『Social Lubrication』のタイトルトラックを公開

 


Dream Wifeは以前、アルバムからの4曲、資本主義や偽の活動家に対する彼らの考え方を描いた "Who Do You Wanna Be?"、"Orbit"、舌鋒鋭い "Hot (Don't Date A Musician)" とアルバムのリードシングル "Leech" を公開しています。


今日、彼らはアルバムのリリースに先立ち、最後のシングルを公開しました。"Social Lubrication"は、家父長制に反対する集会として、勝手なアドバイスや性別による暴力を呼びかけるものである。


「疲れ果てた。家父長制の戯言に砂糖でコーティングし、なだめすかし、迎合するのはもうたくさんだ。ただ存在したい。この体の中で、私たちが存在する体について、特別扱いされたり批判されたりすることなく。仕事をうまくこなす。姿を現す。他の人のゲームに付き合わない。根底から腐ったものを直すことはできない。私たちに必要なのは改革ではなく革命だ」とバンドはこの曲で述べています。


このシングルには、アルバム・アートからイエロー・ジャケッツのオープニング・シーケンスまで、様々な影響を受けたバンドによる自作のミュージックビデオが収録されています。



『Social Lubrication』のリリースを記念して、Dream Wifeは6月8日にThe George Tavernでソールドアウトのローンチパーティーを開催し、親密な観客の前でアルバム全曲を演奏する予定です。


ドリームワイフの3枚目のスタジオ・アルバム『Social Lubrication』は、6月9日にLucky Numberからリリースされます。

0 comments:

コメントを投稿