「Hosono House」から50年 Stones Throwがコンピレーション・アルバムを発表 サム・ゲンデル、デマルコらが参加

Haruomi Hosono & Mac Demarco

 

ストーンズ・スロウは、細野晴臣のソロ・デビュー50周年を記念して、細野晴臣の楽曲をストーンズ・スロウ所属のミュージシャンが独自の解釈によりカバーするコンピレーションを発表しました。 

 

カナダ出身のシンガーソングライター、マック・デマルコは、このコンピレーションから「僕はきっと」のカヴァーを発表した最初のアーティスト。


「このコンピレーションに参加できて光栄だよ。このカヴァーは、2023年8月、パリのジョー・バードのゲストルームで録音しました。私の日本語の発音がひどくないことを願ってます」とデマルコは言う。デマルコは以前、ロサンゼルス公演で細野晴臣と共演し、「ハネムーン」をデュエットした。ライブでは多くの観客が日本語を熱唱していた。


「ホソノ・ハウス」の曲を解釈している他のアーティストには、サム・ゲンデル、ジョン・キャロル・カービー feat.水原姉妹(キコ&ユカ)、パール&ザ・オイスターズ、ジェリー・ペーパー、コーネリアス、矢野顕子などがいる。


1947年東京生まれの細野晴臣は、影響力のあるフォーク・ロック・アクト、ハッピーエンド、そして、先駆的なエレクトロニック・トリオ、イエロー・マジック・オーケストラの創立メンバーでもある。細野は、50年のキャリアの中で数多くのソロアルバムもリリースしており、最近ではソロデビュー作をフルレングスで再構築した2019年の『Hochono House』がある。

 

 

「僕は一寸 (Boku Wa Chotto)」

 

 

 

 

 


 

 

細野晴臣(ハリー)は、影響力のあるフォーク・ロック・グループ、ハッピーエンドと先駆的なエレクトロニック・トリオ、YMOの創立メンバー。彼の1973年のソロ・デビュー作『ホソノ・ハウス』は、フォーク、カントリー、カリプソ、ファンクを完璧に融合させたもので、半世紀前と変わらず今なお新鮮に聴こえる。


このプロジェクトに参加する他のStones Throwに所属するアーティストには、John Carroll Kirby featuring The Mizuhara Sisters (Kiko & Yuka)、Jerry Paper、Pearl & The Oystersの他、Sam Gendel、Cornelius、Akiko Yano、Yuma Abe、mei ehara、rei harakami、Kukuku (Ikuko Harada & Manami Kakudo)などがいる。


コンピレーションは、KAKUBARHYTHM & Bayon Productionとのパートナーシップにより日本でもリリースされます。2024年後半には、より幅広いヴァイナルとデジタル・リリースが予定されている。

「ホソノ・ハウス」の不思議な美しさは、半世紀にわたり世界中の音楽ファンやアーティストに愛されてきた。そして今、このアルバムに夢中になって生きてきたフォロワー的なミュージシャンが、細野作品を再解釈することになった。 

0 comments:

コメントを投稿