Vampire Weekend、 ニューシングル「Classical」をリリース

 


ニューヨークのインディーロックバンド、ヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)がアルバム『Only God Was Above Us』から最新曲 「Classical」をリリースした。


アコースティック・ギターとクリス・トムソンによるシンバルを多用したドラム・ビートで構成された "Classical "は、ヴァンパイア・ウィークエンドの先行シングルよりも躍動的で落ち着きがない。

 

"不実で、不親切で、不自然で/残酷なものは、時間とともに、いかにしてクラシックになるのか "とエズラ・ケーニグはプレ・コーラスで歌い、やがてアンセミックでハーモニーに満ちたリフレインで "どのクラシックが残るのか?"と問いかける。この曲はまた、ヘンリー・ソロモン提供のハチャメチャなサックス・ソロを伴う、大胆でほんの少し不協和音なブリッジも特徴的である。


この曲はまた、ニック・ハーウッドが監督し、バンド、レイ・スエン、ドラム・テックのジョシュ・ゴールドスミス、Aリスト・プロデューサーのアリエル・レヒトシャイドが出演するミュージック・ビデオも公開された。

 

グリーン・スクリーンを多用したミュージックビデオの中で、ヴァンパイア・ウィークエンドは、円柱、ゴシック教会、彫像、800年前の絵画、そしてストーンヘンジなど、古典的なヨーロッパの建築物のクリップの中で「Classical」を披露している。


「Classical」

 

 

 



0 comments:

コメントを投稿